BLOG|矯正の本音

矯正歯科に関する正しい知識や情報のご提供、医院の活動のご報告などを連載していきます。

2020.02.19

妊娠の際の注意点

今回は一見無関係に思われるかもしれませんが、妊娠と矯正治療の関係性についてお話していきたいと思います。

今これを読んでくださっている方の中にも、以前矯正治療を検討していたが、結婚・妊娠を機に治療をあきらめたという方もおられるのではないかと思います。では実際、妊娠すると矯正治療を行うことは難しくなるのでしょうか?答えから言いますと、「No」です。妊娠してから治療を始める方は体調的に少ないかもしれませんが、矯正治療は長い治療期間を要することがありますので、治療中に妊娠するという患者さんは少なからずおられます。そういった方に治療中断していただくなどの負担はほとんどありませんので、安心していただけたらと思います。しかし、矯正治療に限定した話でもない点もありますが、妊娠中の治療には注意していただきたい点がいくつかあります。

■麻酔や薬の使用について
矯正治療の途中で麻酔を使用することは少ないですが、場合によっては抜歯したりする時に麻酔を使用することがあります。局所麻酔のため大きな影響は出にくいと考えられますが、念のため安定期に入ってから治療を行うといったタイミングを検討する必要はあります。また、薬の使用に関しても全員が必要というわけではありませんが、治療開始時やワイヤーを交換するタイミングで少し痛みを感じる方もおられます。最近では、弱い力を継続的にかけられる矯正器具(ブラケットやワイヤー)もありますので、そういったものの使用などで極力薬の使用は控えていただくことをお勧めいたします。

■虫歯の治療について
こちらも麻酔の話につながるかもしれませんが、妊娠中の麻酔を使用する虫歯治療は難しくなります。妊娠中はただでさえホルモンバランスなどの影響で虫歯になりやすくなっておりますので、ブラケットなどの矯正器具の隙間はかなり注意してブラッシングしていただくようにお願いしています。

■CT、レントゲンの使用について
CTやレントゲンを撮影する際、低量ではありますが放射線被ばくが起こります。歯科で使用するものは日本産婦人科学会でも被ばく量としては問題ないと言われていますが、無いに越したことはありませんので、可能であれば妊娠前に検査などは済ませておいていただくことをお勧めいたします。

結婚や妊娠など、女性の方は思わぬところで人生の転機が訪れるかと思います。今現在治療中の方も、これから矯正治療を検討されている方も、そういった患者さん自身のライフワークを最大限考慮した治療を心がけていますので、不安なことなどがある場合はいつでもご相談ください。

2020.01.28

矯正治療中の夜食に関する注意

こんにちは。
メープル矯正歯科の山口です。

今回は、矯正治療中の夜食を摂ることに関する注意という点についてお話していきたいと思います。

矯正治療中に限定してのお話ではないかもしれませんが、夜食に関する注意点としてやはり虫歯のリスクが高くなるということです。日本人の8割が虫歯の問題を抱えているという話も聞くぐらい虫歯に関してはリスクが高い問題で、矯正治療中に虫歯にかかってしまうと様々な問題が出てきます。


■矯正治療中の虫歯の問題

①矯正治療の中断虫歯はご存じの通り、一度かかってしまうと自然治癒するものではありません。そのため、矯正治療中に虫歯にかかってしまうと一旦矯正治療を中断して虫歯の治療を優先する必要があります。矯正装置を外してしまうと、外していた期間に応じて治療期間が長くなってしまう可能性があります。

②矯正装置の費用矯正装置を一度外してしまうと、再度装置を作成して装着する必要が出てきます。これはブラケットを使用する矯正治療や、アライナーを使用する矯正治療いずれにも言えることで、再作成の費用など余分にかかってしまうことがあります。

この様に、単純に虫歯治療といっても様々な影響を及ぼしてしまうことがあります。そのため、矯正治療を開始する前にはしっかりとブラッシングをしてもらえるようにブラッシング指導を行っていますので、意識して磨いていただいている方も多いかと思います。


ただ今回少し気になるデータとして、子供の歯磨きの習慣についてというものがありましたので、そちらも紹介してみたいと思います。

■夜食を食べることがありますか?(軽食やお菓子などを含む)
・中学1年生:27%、中学2年生:32%、中学3年生:31%
・高校1年生:26%、高校2年生:32%、高校3年生:38%

■夜食を摂った後に歯磨きをせずに就寝することがある人の割合
・0時以前に寝る人:24%
・0時以降に寝る人:39.8%

この様に、受験勉強などで夜食を摂取することが多くなる高校生では約4割のお子さんが歯磨きをせずに寝てしまうことがあると回答しています。また、夜食として食べ物を食べた後は歯を磨くが、ジュースなどの糖分を含んだ飲み物を飲んだぐらいでは磨いていないという人まで含むともっと割合は高くなるのではないかと思います。

初めのうちは頑張って磨いていたというお子さんでも、だんだん億劫になってサボってしまうということもあるのではないかと思います。治療中のお子さんの口腔内の状況は、叢生(凸凹、乱ぐい歯)や開口(オープンバイト)など、虫歯になりやすい状態であることが多いと思いますので、ご家族の方もブラッシングに関して注目していただき、計画通り矯正治療を進めていくためのサポートの意識を持っていただけたら私たちも非常に助かります。もしブラッシングに関することなどでご不明点などある場合は、いつでもお気軽にご相談ください。

2020.01.09

犬歯の萌出障害について

明けましておめでとうございます。
メープル矯正歯科の山口です。

今回は、犬歯の萌出障害に注目してお話していきたいと思います。

言うまでもないかと思いますが、犬歯とは前歯(一番前の歯)から数えて3番目の歯で、少し尖ったような形態をしています。昔は裁縫の時にこの歯で糸を切っていたことから糸切り歯などの呼ばれ方もありますが、本来は食べ物を切り裂くといった役割を持っている歯です。他の歯と比較してみると、歯根(歯茎に中に埋まっている歯の根っこの部分)が一番長く、強いという特徴があります。これは、食べ物を切り裂くときに強い力が掛かるということもありますが、犬歯は咀嚼の時に顎の動きが正しくなるようにガイドするという大切な役割があるため、強い力にも耐えられるような特徴を持っています。

若い方に多いかもしれませんが、犬歯と聞くと八重歯を連想し、その状態が可愛い、羨ましいと思われがちではないかと思います。八重歯は犬歯だけの呼び方ではなく、歯列からはみ出している歯のことを指して呼んでいるのですが、一般的には犬歯がそうなりやすいので八重歯といえば犬歯というイメージがついています。

この八重歯は、顎が小さかったり、1本1本の歯が大きいなどで、全ての歯が歯列の中に並ぶスペースが無いことで起きます。そうすると、後から生えてくる歯が並ぶスペースが無いため、歯列の外にはみ出した状態で生えてきてしまいます。犬歯は生えてくるのが前歯や臼歯が生えてからなので、はみ出してしまいやすい歯(八重歯)という認識が強いのだと思います。

八重歯も含めて、歯の萌出に何らかの障害があるケースで最近注目されているのが、隣接歯の歯根吸収のリスクについてです。犬歯は他の歯が生えてから出てくる歯のため、生える角度が悪いと、隣接歯の歯根にぶつかりながら生えようとしてしまいます。歯根は強い力が継続的にかかってしまうと、歯根吸収といって溶けてなくなってしまう現象が起こります。歯根吸収は初期症状ではほとんど自覚症状が無いため、レントゲンやCTを撮影して確認するまでわからなかったということもよくあります。


とは言いましても、こういった症状は決して多くはないため、そこまで深刻に捉える必要はないかと思います。お子さんの歯の生え替わりに時期に歯の傾きがおかしくないか、いつまでも歯が生えないままになっていないかといったことをチェックしていただき、気になる場合は歯科医院を受診していただくと、レントゲンやCT撮影で今の状況を確認して対応するといったことも可能です。

こういった萌出障害も含めて、お子さんの小さい時から歯並びをチェックしておくことで将来の歯並びをある程度コントロールしたり、事前に対応してくといったことも考えられます。定期健診のつもりで、何か気になることがある場合は、いつでもお気軽にご相談いただけたらと思います。

2019.12.01

噛み癖の危険性

こんにちは。
メープル矯正歯科の山口です。

以前舌癖などの習慣が歯並びに影響することについて書きましたが、今回は、噛み癖に注目してお話していきたいと思います。

「噛み癖」と聞いても、なかなかピンと来ない方が多いのではないかと思います。自分には特に変な噛み癖が無いと思っていても、歯科医から見ると不自然なところがあったりと気が付きにくい点も多いので、まず一般的なチェック項目でご自身で確認してみてください。

□ 柔らかいものを好んで食べている
□ 左右どちらかの歯のみで噛んでいることが多い
□ 欠損歯(抜歯した後や元々歯が生えていないところ)のスペースが開いたままになっている
□ 麺類を食べるときに前歯ではなく奥歯で噛み切っている
□ 不正咬合(叢生、上顎前突、下顎前突、開口など)がある

いかがでしたでしょうか?ご自身のことは無意識なことが多いので、だれかとチェックし合ってみたりするのも見分けやすい方法かと思います。

ではなぜ噛み癖が悪影響を及ぼすかについてみていきます。

ご存知の通り、歯にはそれぞれの役割があります。前歯は食べ物を噛み切る役割、犬歯は食べ物を引きちぎる役割、臼歯は食べ物をすり潰す役割といったようにそれぞれの歯が機能して初めて正常な咀嚼が出来るのです。

実は、噛み癖があるとそれぞれの歯のもつ本来の役割を果たすことが出来なくなってしまいます。本来の歯の役割が機能しないと咀嚼の動作が正しく行われず、顎関節の関節円板にダメージを与えてしまうことがあります。片方の関節円板にダメージがあると、そちら側をかばってさらに症状が悪化したり、顎の位置がズレてしまうこともあります。そうなってしまうと、筋肉の緊張から頭痛や肩こりに発展することもあります。

この様に書いてしまうとすごく心配される方も居られるかもしれませんが、噛み癖がいきなり現れてすぐに影響が出てくるという事はあまり考えられません。小さな噛み癖を長年続けることによって徐々に影響が出てくるため、噛み癖の早期発見がこうした悪影響を防ぐためには大切なことです。

なかなか一人でチェックすることは難しい部分もありますので、お子さんや家族の方と一度噛み合わせについて話し合ってみるのもいいのではないでしょうか。また、すでに症状が出ているという方は、早めに治療することによって改善できる可能性が高くなることが多いです。症状が出ている状態で自然と噛み合わせが良くなるという事は考えにくいため、気になることがある場合は早めの受診をお勧めいたします。

2019.10.31

矯正治療に対する子供のころの意識調査

こんにちは。
メープル矯正歯科の山口です。

矯正治療を考える際に、治療中の見た目を気にされている方もまだ多くいらっしゃると思います。一昔前はこの矯正治療中の見た目に関してが、治療をしなかった大きな理由となっていました。

矯正治療は、一昔前と比べるとかなり進化してきています。以前は金属の矯正装置(ブラケット、ワイヤーなど)を使用して治療を行っていましたが、最近では白くて目立ちにくいブラケットや歯の裏側に矯正装置を取り付ける裏側矯正(舌側矯正、リンガル)といったものまで出てきています。


患者さんが気にする矯正治療中の見た目に関しても改善されてきたため、ほとんどの成人の患者さんがこういった矯正装置を選択されています。

ある調査会社が行った調査の中に、「成人の方に、子供のころに矯正治療をしたいと思わなかった理由」というものがありましたので少し紹介したいと思います。

■子供のころに矯正治療をしたいと思わなかった理由(複数選択可)
・矯正装置の見た目:61.8%
・治療費の問題:51.3%
・治療中の痛み:34.2%
・食事などへの影響:11.8%
・受験などを考えて:10.5%

子供のころに矯正治療を敬遠していた理由が、この様な結果となっていました。現在成人している方に子供のころの意識調査をしたという事から、10年以上前の矯正装置や矯正治療に対するイメージと言い換えてもいいかもしれません。先程も書きましたが、一番イメージの多かった矯正装置の見た目の悪さについてはかなり改善されていますし、矯正治療の痛みという問題に関しても弱い力を持続的に掛けることが出来るワイヤーなども主流になってきています。

治療費用や受験などのタイミングは皆さんそれぞれ状況が異なるかと思いますので一概には言えませんが、そういったことを気にしてそもそもご両親に相談せずに終わっているお子さんも少なからず居るようです。

お子さんが自分だけで矯正治療を検討するというのは難しいと思いますし、見た目や痛みといったマイナス要因もかなり改善されてきています。この調査とはまた違う意見などが出てくるかもしれませんので、一度ご家族の方で矯正治療について話し合いをされてみてもいいのではないかなと思います。

2019.10.01

歯並びと歯周病の関係

こんにちは。
メープル矯正歯科の山口です。

今回は、歯並びと歯周病の関係についてお話していきたいと思います。

一見あまり関係のなさそうな歯ならびと歯周病という問題ですが、密接に関係してくることがあります。

歯並びが悪く、叢生(凸凹、乱ぐい歯)が強い方だとブラッシングが隅々まで行き届かないことがあります。そうすると口腔内にいる細菌が、その磨き残しの中で繁殖しやすくなってしまいます。そうして繁殖した細菌がねばねばした分泌物を出し、歯の表面や歯と歯茎の間(歯肉溝)にプラークとしてくっつきます。このプラークを長期間放置してしまうと、歯石と呼ばれるものに変化していきます。この歯石はとても頑固で、ブラッシングでは除去することが難しいうえに、この中に細菌が入り込むと歯槽骨という歯を支えている土台の歯を溶かし始めてしまうという非常に厄介なものです。一般的に、この細菌によって歯周組織が炎症を起こすことを歯周病と呼んでいます。

この様に、歯並びが悪いとかならず歯周病になるというわけではありませんが、リスクとしては高くなってしまうのがお判りいただけるのではないかと思います。

では以前も少し書きましたが、反対に歯並びが悪くない方が歯周病になってしまったというパターンを見ていきたいと思います。

先程、歯周病の仕組みについてお話したように、歯周病にかかってしまうと歯の土台となる歯槽骨を溶かしてしまいます。そうすると、土台を失った歯がグラグラしてしまい、最悪の場合抜け落ちてしまうこともあります。

歯ならびとは、隣り合う歯や噛み合う上下の歯のバランスなどによって維持されています。そのため、歯周病などによって歯が抜け落ちてしまうと支えあっていた歯が無くなってしまい、隣の歯が倒れこんでくることもあります。

この様に、歯周病にかかってしまったが故に、歯ならびが悪くなってしまうというケースもたくさんあります。

上に書いたことはほんの一部で、他にも開口(オープンバイト)によって口腔内が乾燥し、細菌が繁殖しやすくなってしまうケースや歯並びが悪いことによる歯ぎしりが原因で歯周病になりやすくなってしまうといったケースもあります。あまり関係のないようなことが意外と密接に関係しているといったこともあり得ますので、何か気になることがある方はご自身の判断だけで決めつけてしまう前に、一度相談に来ていただくことをお勧めいたします。治療以外での生活面のアドバイスなども含めて、トータルで患者さんのお口のサポートをしていきたいと思います。

2019.09.13

スポーツ、部活をやっていても矯正治療は出来る?

こんにちは。
メープル矯正歯科の山口です。

今回は、スポーツや部活をやっている方でも矯正治療を受けられるのか、ということについてお話していきたいと思います。

スポーツや部活を行う際の懸念として、激しい接触によって矯正装置が唇や口腔内を傷付けてしまう可能性があるということがあります。特に日本人の場合は、上顎前突(出っ歯とも言う)の患者さんが多いのですが、上唇や口腔内の接触が強くなる傾向があり、口元に大きな力が加わった際に怪我をしてしまう可能性があります。

ボクシングやアメリカンフットボールなど、激しい接触があらかじめ想定されるスポーツにおいては矯正用のマウスピースガードがありますが、こちらをしていても口腔内の怪我や矯正装置の故障といった危険性が完全に無くなるわけではありません。またこの要因は運動系の部活に限らず、吹奏楽などで金管楽器等を扱うときには同様に楽器との接触や口元にかかる力が大きくなってしまうことも考えられます。

この様に書いてしまうと、スポーツや部活をしている場合は矯正治療が出来ないと判断されてしまうかもしれませんが、最近では部活をしっかり取り組むために裏側矯正の選択をする患者さんもいます。また表側の装置でも問題なく、部活動(吹奏楽やスポーツ)をされている人もいます。

裏側矯正とは、矯正装置を歯の裏側に装着し、治療を行う手法のことです。先程書いたように部活などにおいて激しい接触があった際に、表側の矯正治療だと矯正装置と唇や口腔内部が直接接触するため、怪我や矯正装置の破損といったリスクが考えられます。しかし、裏側矯正だと矯正装置と唇などが直接接触しないため、怪我や矯正装置が破損するといったリスクを減らすことができます。ただ、舌が当たったりもしますので、リスクは低くなりますが完全にゼロになるわけではないということはご理解いただけたらと思います。

表側、裏側矯正は費用面、治療期間にも違いがあります。た、裏側矯正はかなり適応範囲も広がってきているのですが、表側矯正と比較して向いていない症例があるということも事実です。そういった患者さんには、今の現状となぜ裏側矯正が向いていないのかということも含めてしっかりとご説明するようにしています。当院では、患者さんの希望をしっかりと受け止めながら、最大限希望通りの治療が出来るように対応致しますので、疑問やわからないことがある方はいつでもご相談ください。

PREV