BLOG|矯正の本音

矯正歯科に関する正しい知識や情報のご提供、医院の活動のご報告などを連載していきます。

2012.12.28

矯正装置の工夫

メープル矯正歯科院長の山口です。

いや~、寒いですね。2012もあとわずか!
ノロウィルス、マイコプラズマ肺炎・・・怖いですね。
周りでもダウンしてしまっている人が多いです。
手洗い、うがい大事ですね!!
みなさんも気を付けてください。話を聞いていると相当辛そうです(^_^;)

さて、今日は、北海道大学矯正科で修業を積んでいた時代のお話です。装置の設計に関して、師匠から怒られたことがありました。

師匠:「装置の設計をこういう風にすれば、この症例は解決じゃん」
自分:「え??へー、なるほど。でも教科書には、そんなこと書いてませんでしたよ」
師匠:「(このバカもん!←口には出していませんが、顔の表情と声のトーンからして心の中でこのようなことを思っていたと推測します)教科書に載ってる 載ってないっていうことじゃない。お前は、しっかり装置の細かい部分の役割と作用を把握してないからダメなんだ。臨床にマニュアルなんかないぞ。そんな考 えで治療していたら、いつまで経っても応用がきかなくなるぞ!」っと。
自分:「す、す、すいません・・・。(しまったな~、また地雷踏んでしまったな(-_-;)←口には出していませんが、顔の表情には出てたと思います)」

怒られているときは、正直よく凹んで嫌でした。
でも、たくさん怒られたので、それが今の自分の臨床に活きています。
あの修行時代に感謝です!

今となっては、なるべく同じ一つの装置でなるべく多くのことをするそしてかつシンプルに!いわゆるsimple is the bestです。常に何かいい方法がないかを日々模索しています。矯正治療もいわば、ある意味「ひらめき」ですね。
例えば、家で眠りに入る直前にアイディアが浮かぶときもあります(笑)
時には、技工士さんの知恵を借りて二人三脚で装置を作るときもあります(^_^;)

工夫した装置をいくつかご紹介しましょう。


 この装置は、真ん中にバネを追加しています。

上の前歯が内側に傾斜しているため、裏側のバネで外側に傾斜するように調整しています。外側へ傾斜したら、再度バネを調整して、隙っ歯を治す予定です。


この装置も真ん中にバネを組み込みました。

これは、前歯が隙っ歯なので、それを閉じるようなバネを入れています。

装置を新たな装置に変更することなく、極力一つの装置だけでできるだけ多くのことをする。その方が患者さんにとって負担が少なくて、楽ですからね(^o^)/

また2013年も新たな装置の工夫を頑張ろうと思っています。

メープル矯正歯科は、2012年は12月29日(土)まで診療いたします。
2013年は1月5日(土)から診療します!

では、みなさんしっかりと体調管理して、楽しいお正月を迎えてください!(^^)!