BLOG|矯正の本音

矯正歯科に関する正しい知識や情報のご提供、医院の活動のご報告などを連載していきます。

2013.09.06

歯のホワイトニング

メープル矯正歯科院長の山口です。

前回は挙式前のホワイトニングについてお話しました。
今回は歯のホワイトニングについてさらに詳しくお話します。

「白人のような白い歯になりたい」
「なんで自分の歯は黄色いの?」


たしかに歯が白いと清潔感があり、印象はいいですよね。

なぜ日本人の歯は黄ばんでいるのでしょうか?


肌の色は人種によって大きな違いが見られますが、実は、歯の色もそれらと同様に主に人種により違いがあります。

歯の色を決定するのは、歯のエナメル質と象牙質の色です。

歯の構造は、表面にエナメル質という「半透明色」の硬い組織とその奥に「黄褐色」の象牙質という組織があります。歯の色は、エナメル質と象牙質のそれぞれの色によって決まっており、日本人は象牙質の層がもともとかなり黄色っぽいので欧米人と比べると皮膚だけでなく、歯の色も黄色っぽくなっています。また、年齢とともに象牙質の厚みが増加し、逆にエナメル質は薄くなっていくために加齢とともに歯は黄ばんで見えるようになります。

ホワイトニングとは、普段の歯磨きや定期的な歯のクリーニングなどでは落としきれない歯の着色をきれいにし、歯を削ったりすることなく、歯を白くする方法です。

使用するホワイトニング材は、過酸化水素や過酸化尿素が主に使われています。ある一定の温度にてホワイトニング材は水と酸素に分解し、この時に発生する酸素が歯の色素そのものを分解し、歯が白くなるしくみです。


痛みに関して、心配する方もいらっしゃると思います。「ホワイトニング=痛い」というイメージをお持ちでホワイトニングに踏み切れない方もいらっしゃると思います。ホワイトニングは高い過酸化水素濃度のホワイトニング材を用いる必要がありますが、濃度が高くなればなるほど知覚過敏などのリスクも高まります。当院で扱っているホワイトニング材は、比較的低い過酸化水素濃度での高いホワイトニング効果と低刺激性を両立させた新しいホワイトニング材です。知覚過敏の症状が全くなく、歯の白さが得られます。

ホワイトニングは大きく分けると、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングです。
http://www.maple-ortho.com/pages/esthetic/index.html

オフィスホワイトニングは、歯科医院にて、歯に専用の薬剤を塗布し、レーザーや光を当てて歯を白くする方法です。

オフィスホワイトニングのメリットは、即効性があり、ホワイトニングをしたその日に短時間で歯の白さを実感することができます。歯科医や歯科衛生士がすべて行うため、安全かつ手間がかかりません。
すぐに歯を白くしたい人や、ホームホワイトニングのように自分ひとりでホワイトニングをするのが面倒な方におすすめです。
オフィスホワイトニングの最も大きなデメリットは持続性が低いことです。
即効性がありますが、ホームホワイトニング(持続期間は約1~2年で)と比較すると効果が長持ちしません(持続時間は約3~6ヶ月)
費用についても、ホームホワイトニングより多少高めとなっています。オフィスホワイトニングは効果が短いこともあり、トータルの費用はホームホワイトニングより多くかかってしまいます。

ホームホワイトニングは、自宅にて、個人の歯形に合わせてホワイトニングジェルを流し込んだマウスピースを装着して歯を白くしていく方法です。

歯の白さを実感するには2週間以上の時間を要しますが、時間がかかる分、オフィスホワイトニングより白さが増し、持続期間も長いという特徴があります。

ホームホワイトニングのメリットは、効果が長持ちする点にあります。ホームホワイトニングは、平均して1~2年ほど効果が持続します。
自分のペースで、希望通りの白さになるまでホワイトニングできるので、徹底的に歯を白くしたいという人に向いている方法です。
費用面についても安く抑えられるというメリットがあります。初回はマウスピースの作製費がかかりますが、それ以降は検診費と追加のホワイトニング剤の費用だけで済みますので、オフィスホワイトニングに比べると安いです。
ホームホワイトニングのデメリットとしては、即効性のなさと手間暇がかかる点です。
ホームホワイトニングは、ホワイトニングをはじめてから2週間以上経過しないとなかなか効果を実感することができません。薬剤の塗布から装着、ケアまですべて自分で行わなければならないという面倒さが欠点です。

ホワイトニングはこの2種類が主な方法ですが、この2つを組み合わせたデュアルホワイトニングという方法もあります。
デュアルホワイトニングは、オフィスとホームを組み合わせることにより、それぞれの長所を取り入れることのできる理想的なホワイトニングと言えます。

結婚式に向けてたった一か月ですが、かなり歯が白くなり、本人も大満足しておりました!(^^)! 時間に余裕のある方は、もう少し回数を増やし、自分の求める白さにすることが可能です。

短期間で白い歯になる上、効果も長持ちするので、しっかりと歯を白くしたい人にはデュアルホワイトニングがおすすめです。
http://www.maple-ortho.com/pages/pricelist/price_esthetic.html