BLOG|矯正の本音

矯正歯科に関する正しい知識や情報のご提供、医院の活動のご報告などを連載していきます。

2017.10.31

リテーナーの重要性について

こんにちは。
メープル矯正歯科の山口です。

今回はリテーナーという保定装置について書いていこうと思います。

矯正治療には大きく分けて動的治療期間と保定期間に分けることが出来ます。動的治療期間とは、歯に矯正装置を付けて歯を動かして歯並びを綺麗にしていく期間のことです。そして保定期間というのは、リテーナーという装置を使用して綺麗に並んだ歯列を維持するために必要な期間になります。

Q:なぜリテーナーを使用する必要があるのでしょうか?
A:人間の体は元に戻ろうとする力が働きます。今までの歯並びは、現状の骨の状態などを踏まえて安定していた状態のため、それを変えるというのは異変が起こったという状態になるのです。矯正治療後に噛み合わせなど安定できる状態に極力持っていくように努めていますが、骨の状態によっては完全に固定がしにくい時もあります。そういった状況も踏まえて綺麗に並べた歯列を長く維持するためにリテーナーを使用してもらっています。

Q:リテーナーとはどんなもの?
A:リテーナーと言っても種類がいくつかあります。①歯の裏側にワイヤーを接着し固定するもの、②着脱式のワイヤーレジンというプラスチックで作られたもの、③着脱式のマウスピースのようなものなどがあります。




Q:リテーナーの使用期間は?
A:先程も書きましたが、患者さんによって安定度が異なるため、装着期間は異なってきます。ただ、最低でも1年間は歯周組織が安定するために必要とされていますので、その間はしっかりと装着してもらうようにお願いしています。

Q:リテーナーの注意点は?
A:リテーナーは歯の後戻りを防ぐためのものですので、しっかりと装着しないと歯が動いてしまいます。そうなると治療後に作成したリテーナーが合わなくなってしまいますので、装着は確実にしていただくということと、合わなくなったリテーナーを無理に使用するのではなく、再調整をして使用するようにしてください。また、破損した際ももちろんすぐに作成して装着するようにしてください。

Q:メンテナンスは?
A:取り外し式のリテーナーを使用する際には、雑菌などの繁殖を防ぐためにも指定された洗浄剤などでしっかり洗浄するように注意してください。ブラケットとは形状が異なるため、リテーナーを使用し始めた直後は違和感があるかもしれません。ただブラケット装着の時も徐々に違和感が少なくなっていったようにリテーナーも違和感は少なくなっていきますので、綺麗な歯列を維持するためにも意識してリテーナーの使用をお願いします。