BLOG|矯正の本音

矯正歯科に関する正しい知識や情報のご提供、医院の活動のご報告などを連載していきます。

2017.12.27

裏側矯正(舌側矯正、リンガル)の認知度に関して

こんにちは。
メープル矯正歯科の山口です。

今回は近年問い合わせが増えてきている、裏側矯正に関しての認知度はどの程度あるのかという調査結果を見つけましたのでご紹介したいと思います。

大人の患者さんに、子供の時に矯正治療をしなかった理由について聞いてみると、親に相談することが出来なかった人や昔は特に気にしていなかったという人など様々な理由があります。中でもやはり多く挙げられるのが見た目に関する理由です。

徐々に小児の矯正治療が増えてきていますが、矯正装置を付けていると周りの目が気になってしまうという懸念からなかなか踏み出せずにいるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、そういった方が大人になってから見た目の上で気にならない裏側矯正やマウスピース矯正というものを知り、相談に来たという事例がすごく増えてきているように感じます。では実際にどの程度、認知度が上がっているのでしょうか?

どちらも調査会社が行ったアンケート調査になります。
■裏側(リンガル、舌側)矯正を知っていましたか?
・子供のころ(約5%)
・現在(約63%)

■マウスピース矯正を知っていましたか?
・子供のころ(約3%)
・現在(約57%)

裏側矯正に関しては、1970年代から研究開発はされてきていたのですが、当初はかなり装置が大きかったり精度が悪かったりと色々問題がありました。しかし、近年の装置の進化からそういった問題もかなり改善されてきており、使用頻度が高くなってきています。歯の裏側に装置を付ける裏側矯正にとって装置の大きさや治療時の操作性の良さというのは直接患者さんの治療時の負担や、日常の快適性に繋がるため非常に大きな進歩だと思います。

マウスピース矯正というのは、透明なマウスピースをはめて治療をする方法で、近年とても多くなってきました。取り外しが出来るなど患者さんの見た目上のメリットはあるのですが、装置を付け忘れたりすると治療が思ったように進まなくなりますし、適応症例も全ての患者さんに使えるわけではないという問題もあります。

いずれにしても矯正歯科の学会などでも各矯正器具メーカーから次々に新しい商品が出てきたりしており、治療の選択肢も増えてきているように思います。患者さんの状態によっては使えない装置があったり、永く安定した綺麗な歯並びのために必要な矯正装置をご説明することもありますが、できる限り希望沿って治療していきたいと思っています。