BLOG|矯正の本音

矯正歯科に関する正しい知識や情報のご提供、医院の活動のご報告などを連載していきます。

2018.05.23

歯の生え変わり:第一大臼歯(6歳臼歯)

こんにちは。
メープル矯正歯科の山口です。

今回は、第一大臼歯の生え変わりに時期についてお話していきたいと思います。第一大臼歯は、永久歯の中で一番大きな歯で、主に食べ物を噛んで潰すという役割をしています。20本の乳歯が全て生え揃った6歳前後の時期に、永久歯の中でおおよそ一番早く生えてくる歯のため、6歳臼歯という表現をしたりもします。第一大臼歯は他の歯と少し違い、乳歯の下から押し上げるように生えてくるのではなく、乳歯の一番奥にあるスペースの部分に生えてきます。永久歯の方が乳歯の歯列より大きいため、この様な生え方をします。

最初に一番大きな第一大臼歯が生えてくるということには、その後に生えてくる他の歯に対しても大切な役割を持っています。というのも、この第一大臼歯がその後に生えてくる永久歯列の基準となっているからです。

矯正治療に来るきっかけになる症状として上顎前突(出っ歯)や下顎前突(しゃくれ、受け口)が多いのですが、見た目でこの症状が無い時でも良く調べてみると第一大臼歯が上手く噛み合っておらず、後々歯列が乱れてきてしまったり顎関節に負担が掛かってしまったりということが起こりえます。

第一大臼歯をしっかりと正常な位置に生やすために必要なこととして挙げられるのが、歯磨きなどの日々のメンテナンスです。乳歯にむし歯が出来てしまい、抜歯をしないといけないという状況になってしまうと、どうしても歯列の中に抜歯をした時の歯のスペースがぽっかりと開いてしまうことになります。歯は基本的に隣の歯と支え合いながらまっすぐ生えているため、急に隣の歯が無くなってしまうとそちらに倒れてきてしまいます。そうなると他の歯も斜めに生えてしまうので、全ての歯が並ぶスペースが足りずに叢生(デコボコ、乱ぐい歯)、あるいはその逆の隙っ歯などの状態になってしまいます。

また、スペースという観点から考えると、顎の成長も大切です。柔らかいものばかり食べていると顎の筋肉や骨がなかなか発達せずに、通常のスペースがそもそも確保できていないということも起こりえます。日頃から歯応えのあるものなどを食べたり、しっかりと噛んでから飲み込むということを意識してお子さんに指導してもらうのも重要なことではないかと思います。

いずれにしても、第一大臼歯は診断の際の大切なポイントにもなりますし、これ以外のことで気になることなどがあるときは放置せずに、お気軽にお問い合わせいただけたらと思います。

2018.05.02

二次むし歯

こんにちは。
メープル矯正歯科の山口です。

今日は、二次虫歯についてお話していきたいと思います。

皆さんは二次虫歯という言葉を聞いたことがありますでしょうか?あまり聞きなじみがないかもしれませんが、二次虫歯というのは過去に虫歯治療を行った人で、その治療した部分から再度虫歯になってしまうことをいいます。

もう少し詳しく説明すると、虫歯治療とは虫歯になってしまった部分を削り取り、削った部分に補綴物という被せ物や詰め物を装着して治療をしています。この補綴物は装着するときにはその部位にフィットするように細かく作成しているのですが、年月と共に削れたり歪みが出てしまうため隙間が開いてしまいます。そこにプラークが溜まることによって虫歯になってしまうというのが二次虫歯の発生原因となっています。神経除去などの処置を行っている場合だと、痛みを感じにくくなってしまうので思っている以上に進行してしまっているケースなどもあります。

なぜ今回二次虫歯を取り上げたのかというと、矯正治療を行う際にはこういった項目もしっかりと検査する必要があるためです。

治療に来られる患者さんの多数はやはり見た目の問題(叢生や上顎前突、下顎前突)の改善で相談に来られる人になります。もちろん私たちも見た目を改善するためにしっかりと治療を行っていくのですが、治療を行う前には見えない部分にも細心の注意を払って検査をしています。と言うのも、しっかりと咬合関係を改善して、綺麗な歯列を長く保ってもらうためにはどのように治療を進めていけばいいのかという治療計画を立てることが一番大切になってくると考えているからです。

しかし、上で紹介したような二次虫歯などが治療中に発覚してしまうと、そちらの治療を優先してもらわなくてはなりません。場合によっては矯正装置(ブラケットやワイヤー)を取り外し、虫歯の治療を行うことにもなりますので当然矯正治療もストップしてしまいます。そうなってしまうと患者さん自身に大きな負担が掛かってしまいますので、事前に二次虫歯などのリスクがないかどうかということはしっかりと検査しているのです。

二次虫歯に限らず、虫歯になってしまっても同じことが言えますので、治療中の歯磨きもとても大切になります。矯正装置がついていることによって歯ブラシの毛先が当たりにくい部位がたくさん出来ることになりますので、タフトなどの小さい歯ブラシを使用する歯磨き指導も治療を開始するときには行っていきます。定期的に治療に来て貰う時にも見ては行きますが、皆さん自身でも今まで以上に時間をかけて歯磨きを行う習慣を身に着けていってもらえたらと思います。

2018.04.25

矯正治療の再治療に関して

こんにちは。
メープル矯正歯科の山口です。

皆さんの中で、矯正の再治療を受けている人がいるということを知っている人はどの程度居ますでしょうか。本人や近しい間柄で無いとなかなかその治療が2回目だと判断するのは難しいでしょうし、そもそも再治療が必要になるケースがあるということを知らない人も多いのではないかと思います。


高額な治療費を支払っても再び治療を行わないとなると躊躇してしまう人も居るのではないでしょうか。ただこの再治療も、もちろん全員が受けなければいけないというわけではありませんし、様々な要因があってのことなので、その要因を知ってもらうだけでもかなり予防の観点からメリットはあると思います。

では今から再治療を受けなければならなくなる要因について紹介していきます。

① 歯根吸収などのトラブル
矯正治療とは、ブラケットやワイヤーなどの矯正装置を使用して弱い力でゆっくり歯を動かしていく必要があります。これは歯茎の中に埋まっている歯根という骨の部分に過度な力が掛かってしまうと歯根吸収という骨が溶けた状態になってしまうのを防ぐためです。この様に歯根が溶けて細くなったり、短くなってしまうと歯を支える土台が弱くなってしまうので、歯列の維持が難しくなることもあります。


② 虫歯や歯周病などによる問題
虫歯や歯周病が悪化してしまうと、抜歯の必要が出たり、歯が抜けてしまったりすることがあります。矯正治療を終了したときにきっちり噛み合わせが出来ていても、この様に歯の本数が変わったりしてしまうと歯並びへの影響は出てきてしまいます。


③ 成長や保定装置
小児期に矯正治療を行った場合、顎の骨がその後に大きく成長して上下の噛み合わせが変わってしまうこともあります。また、ブラケットなどの装置を外した後に、指定の期間中は歯並びを維持するためにリテーナーという保定装置を使用してもらっています。こちらは見た目の問題から取り外しが出来るタイプを使用することもあるのですが、このリテーナーを装着し忘れてしまうと、歯列を維持する力が弱くなってしまいますので、元の状態に戻ってきてしまったりします。こういった問題は定期的なメンテナンスである程度防ぐことは可能だと思います。


この様に再治療の原因といっても、様々なものがあるのはわかっていただけるかと思います。意識して予防することも出来ますし、メンテナンスなど医師の力による影響が大きいものもあります。

矯正専門医はもちろんこういった問題が起こる前にしっかりと治療計画を立てていますし、患者さんへの指導も行っています。とはいえ、長い期間治療をしてもらいますので指導の内容なども抜けていってしまうこともあるかと思います。そのため、治療や定期メンテナンスの時などに異変は無いか、しっかりとチェックを行い、出来るだけ早期に対処が出来るように日々注意しています。ですので、治療中はもちろんですが、定期メンテナンスなどにも出来る限り来ていただくことをお勧めしております。

2018.04.04

歯の打撲について

こんにちは。
メープル矯正歯科の山口です。

今回は、歯の打撲(外傷)に関するお話をしていきたいと思います。

当院に受診していただいている患者さんの中でも、叢生(デコボコ、乱ぐい歯)が気になるので改善したいという要望や、上顎前突(出っ歯)や下顎前突(しゃくれ、受け口)などの見た目と咬合の機能も含めて改善したいなど様々な理由で来られる方がいらっしゃいます。

しかし、まれに歯が抜けてしまったのでスペースを何とかしたいという理由で来られる方もいます。虫歯(齲蝕)や歯周病によって抜けてしまったということもありますが、転んだり、口元を強くぶつけてしまったために歯が抜けてしまったというケースもあります。スペースが出来たまま放置してしまうと、隣の歯が倒れこんだりしてしまうので、早めに何らかの処置を施すように私たちもお勧めはしています。

では実際に歯の打撲や外傷が起こってしまったときに、どのように対処していくのがいいのかを少し紹介していきたいと思います。

■歯が少し欠けた、グラグラしている
多少のグラつきであれば、自然に治ることが多いかと思います。動いている歯に力が掛からないように注意しながら、柔らかいものを食べるようにしてください。


■歯の色が黒くなってきた
少し黒くなってきた程度であれば機能的には問題がないケースが多いです。しかし、歯の根元が腫れてしまって治まらなかったり、膿などが出てきているようでしたら歯科医院を受診することをお勧めします。


■歯がかなり動いてしまう
どの程度がかなりというかはなかなか判断が難しいかもしれませんが、今までより歯が歯茎の中に深く入ってしまったり、出てきてしまっているときは注意が必要です。また、触ったときに明らかに動いているときも同様ですが、周りの歯と固定するなどの処置を行う必要があります。そのため、早めの歯科医院への受診をお願いします。


■歯が大きく欠けてしまった、抜けてしまった
この場合はいち早く受診をお願いします。歯の神経の治療などを行う必要も出てきますので、対処法としては歯を洗わずに、濡れたガーゼなどに包んで乾燥しないようにして持ってきてください。牛乳などがある場合は、それに浸して持ってきていただくのもお勧めの方法です。


この様に、状況によって対処方法などは異なってきます。お子さんなどで起こってしまうケースが多いかと思いますので、こういった対処法を知っておいていただくだけでもいざというときに冷静に対処できるかと思います。いずれにしても完璧な判断を皆さんが行うのは困難かと思いますので、不安がある場合はこういった対処の上、歯科医院に連絡を行って指示を仰ぐようにしてください。

2018.03.29

表側矯正と裏側矯正の費用

こんにちは。
メープル矯正歯科の山口です。

矯正治療と聞いて、まず思い浮かぶことはどんなことでしょうか?長い期間、金属の装置とワイヤーを着けて治療を行っている人を思い浮かべる人も少なくはないかと思います。やはりまだ矯正治療を受けている日本人は少数派のため、見た目でどう思われるかが心配という声を聞くこともたくさんあります。

しかし、そういった声がたくさんあるので、矯正治療で使用する材料も徐々に進化してきました。プラスチックやセラミック、ジルコニアなどの白や透明の素材を加工して矯正装置を作成する技術が確立され、現在ではかなり普及してきました。ただこういった素材は金属より加工が難しく、原材料費も高いために装置自体の価格が高くなってしまいます。

さらに近年では、ブラケットにキャップを被せたり、セルフライゲーションというシャッターが付いている矯正装置も出てきています。リガチャーという細い金属線を使う必要がないため、審美的に優れる部分と優しい力で治療をすることが出来るというメリットがあります。しかし、当然ながらそういった矯正装置は作成により高度な加工が必要になるため、装置の価格は高くなってしまいます。


では裏側矯正で使用する矯正装置はどうでしょうか。

裏側矯正で使用する装置は基本的に金属で作られています。では安いのではないかと思われるかもしれませんが、裏側矯正で使用する装置は小さく作ったりする技術が必要になりますので、表側の装置よりは高額になります。

また、裏側矯正を行う際には間接的に矯正装置を取り付けるための技工が必要になります。表側矯正では医師が目で見ながら装置を取り付ける位置を微調整することが出来ます。しかし裏側矯正では直接見ながらの調整が出来ないため、患者さんの口腔内模型を作成し、装置を取り付けるためのジグというものを作成しています。そのため、そういった技工物を作成するための費用が発生してしまいます。

その他にも、裏側矯正は表側矯正と力の掛かり方が違うため、医師の技術力にも左右されやすいですし、繊細なコントロールも必要になります。来院時の治療時間も表側矯正と比較すると少し長く掛かる傾向にあるため、トータルでの治療費としては表側矯正よりは高くなっているのが現状です。

費用のことを中心に書いてきましたので、裏側矯正をお勧めしていないような内容に捉えられてしまうかもしれませんが、価格差があっても裏側矯正を選択する人が増えてきているというのはそれだけメリットとして感じる人が多いということだと思います。治療はしたいが、見た目で矯正装置をつけるのをどうしてもためらってしまっている人などは一度相談してみてはどうでしょうか。

2018.02.28

矯正治療前の精密検査について

こんにちは。
メープル矯正歯科の山口です。

矯正治療には主に動的治療期間と保定装置期間があることはご存知かもしれません。動的治療期間は歯にブラケットを装着し、実際に歯を綺麗に並べていく期間です。保定装置期間は綺麗に並んだ歯列をもとに戻らないように固定し、長く綺麗な歯列を安定させるための期間です。


実はこの二つの期間の前に重要なステップがあります。

それは「相談」と「精密検査」です。

■相談
不正咬合が気になる患者さんが矯正医院に初めて行くと、まず「相談」というステップがあります。現状の不正咬合の状態を簡単に確認したり、費用や治療方法について気になることを矯正医に確認することが出来ます。最近は裏側矯正(リンガル、舌側矯正)やマウスピース矯正(インビザライン)などの見えない矯正治療を行う歯科医院も増えてきていますので、治療方法の選択が出来るのかを確認することもできます。
またこのステップでは、矯正医や衛生士などのスタッフとコミュニケーションが取りやすいかどうかという点も重要です。矯正治療はある程度の期間治療をすることになりますので、途中で生まれた疑問点や心配事などが出てきたときに、しっかりと相談してもらえるか、ということも重要になります。

■精密検査
次のステップに進むと精密検査があります。精密検査では、レントゲンなどを使い、外から見えない歯根の状態や歯列全体、顎の骨の状態なども含め、できる限り不正咬合の原因を明確にしていきます。また場合によって石膏模型を制作し、噛み合わせの確認をすることもあります。不正咬合の原因と噛み合わせを含めたトータルの状態を正確に判断することで、治療方法を検討していくことになります。
例えば前歯だけが軽い捻転(ねじれ)の患者さんがいたとします。前歯だけ簡単に真っ直ぐ治して終わりというイメージの患者さんも多いのですが、捻転の原因として歯が並ぶスペースがないということがほとんどです。叢生(凸凹、乱杭歯、八重歯)に関しても同じことが言えます。歯が並ぶスペースを確保する必要が出てくるため、奥歯を後方に移動する場合、歯列全体を広げる場合など、治療方法も変わってきます。

このように精密検査では顎、歯列全体、そして歯根などの中の方まで確認して診断し、治療方針を検討していくことが重要になるのです。

この検査と石膏模型製作は虫歯治療のように保険適応にならないため、費用がかかりますが、とても重要なステップとなり、この精密検査を行わないと治療期間、費用を正確にお伝えすることが出来ないことをご理解頂ければと思います。

2018.02.23

矯正治療中の痛みについて アーチワイヤー

こんにちは。
メープル矯正歯科の山口です。

今日は矯正治療中の痛みに関して、材料の観点からお伝えしていこうと思います。

矯正治療を受けたいと考えている方が懸念されていることの一つに「痛み」があります。歯を動かすには、歯にブラケットと呼ばれる矯正装置を接着し、そのブラケットに歯列の形をした細いワイヤーを付けて治療していきます。このワイヤーは金属でできているため、歯列の形に戻ろうとします。矯正治療はそのもとに戻ろうとする力を利用して歯を動かしていきます。

一昔前の矯正治療は、このワイヤーの材質がステンレスでできているものしかなく、また技術的にもそれなりの太さがあったため、大きな力を歯に加えていました。そのため痛みが出てしまうということが起きやすかったのです。

近年材質が向上し、さらにかなり細いワイヤーが作られるようになりました。チタンとニオビウム合金でできたワイヤーが登場したあたりからかなり痛みが軽減できるようになってきました。

この合金はもともと宇宙工学で生まれた材質で、とても弱い力で元の形状に戻ろうとする性質を持っています。またその細さは、なんと0.3㎜ほどからあります。

この材質の技術向上は、痛みの軽減だけでなく歯根吸収リスクを下げることにもつながってきました。歯根吸収の原因はさまざま考えられていますが、その一つに必要以上の力が歯周組織に加わることで起きることがわかっています。

この細くて弱い力のワイヤーを、叢生(凸凹、乱杭歯)など不正咬合が激しい矯正治療初期段階で使用することで、痛み、歯根吸収リスクを軽減できるようになったのです。

患者さんによって痛みの感じ方は違いますが、少なくとも一昔前の「矯正治療=痛い」というイメージはだいぶ変わってきている現状があります。

矯正治療期間は年単位の時間が必要になります。その治療中のストレスが少しでも下がるよう、材料、そしてもちろん矯正治療の技術を上げていけるよう毎日治療にあったっています。

心配なことなどがありましたらお気軽に相談頂ければ幸いです。

PREV
PREV
12