BLOG|矯正の本音

矯正歯科に関する正しい知識や情報のご提供、医院の活動のご報告などを連載していきます。

2019.08.02

理想の笑顔について

メープル矯正歯科の山口です。

今回は「理想の笑顔」という事について考えてみたいと思います。

海外では、笑った時に口角が左右対称で半月形をしていて、上の歯が綺麗に見えてピンク色の歯茎が少しだけ見える状態を理想の笑顔=「ハリウッドスマイル」として捉えられています。上の歯の先端のラインが下唇に沿っていることもポイントで、日本では可愛いと判断されることもある八重歯も無いのが理想的と判断されています。ピシッと綺麗に並んだ歯に、憧れの気持ちを持ったことがある人も少なくないと思います。

ただ理想的な笑顔は、見た目の美しさもちろん大切ですが、患者さん自身の気持ちも大きく影響してきます。

不正咬合の程度は人それぞれで、軽度の凸凹から出っ歯や受け口など様々です。そして、その不正咬合の状態においてコンプレックスを感じる程度も個人差がとても大きく出てきます。そこまで不正咬合がひどくなくても、本人がコンプレックスに感じていると満面の笑顔を見せることが出来ません。そのため、しっかりとご自身の希望する笑顔(=ゴール)を矯正医に伝え、いろいろとコミュニケーションが取れる関係がとても大切です。


また、こうした綺麗な歯並びを手に入れるという事は、高齢になっても自分の歯でおいしく食事を摂るという事にも繋がります。しっかり食事を摂ることによって身体の健康が保たれ、さらに自分に自信が持てるといった好循環がもたらさせてきます。

厚生労働省や日本歯科医師会は、80歳まで自分の歯を20本残そうという8020運動や、4月8日を「良い歯の日」、6月4日を「歯と口の健康習慣」、11月8日を「いい歯の日」などのような健康的な歯に対する啓蒙活動を行っています。しかし実は歯の健康はご自身の身体全体の健康につながり、更には精神的な健康にもつながる可能性があります。

この様に歯並びを治療することは、見た目だけでなく、精神的にも充実した状態につながり、それが理想的な笑顔につながってくるのではないでしょうか。また自信を持った理想的な笑顔というのは、ご自身の幸福感はもちろんのこと、周りの人も明るくするような影響力があります。コンプレックスを持っていたり、笑顔に自信が持てないと悩んでいる方は、一度相談だけでもしてみることをお勧めいたします。