BLOG|矯正の本音

矯正歯科に関する正しい知識や情報のご提供、医院の活動のご報告などを連載していきます。

2020.02.19

妊娠の際の注意点

今回は一見無関係に思われるかもしれませんが、妊娠と矯正治療の関係性についてお話していきたいと思います。

今これを読んでくださっている方の中にも、以前矯正治療を検討していたが、結婚・妊娠を機に治療をあきらめたという方もおられるのではないかと思います。では実際、妊娠すると矯正治療を行うことは難しくなるのでしょうか?答えから言いますと、「No」です。妊娠してから治療を始める方は体調的に少ないかもしれませんが、矯正治療は長い治療期間を要することがありますので、治療中に妊娠するという患者さんは少なからずおられます。そういった方に治療中断していただくなどの負担はほとんどありませんので、安心していただけたらと思います。しかし、矯正治療に限定した話でもない点もありますが、妊娠中の治療には注意していただきたい点がいくつかあります。

■麻酔や薬の使用について
矯正治療の途中で麻酔を使用することは少ないですが、場合によっては抜歯したりする時に麻酔を使用することがあります。局所麻酔のため大きな影響は出にくいと考えられますが、念のため安定期に入ってから治療を行うといったタイミングを検討する必要はあります。また、薬の使用に関しても全員が必要というわけではありませんが、治療開始時やワイヤーを交換するタイミングで少し痛みを感じる方もおられます。最近では、弱い力を継続的にかけられる矯正器具(ブラケットやワイヤー)もありますので、そういったものの使用などで極力薬の使用は控えていただくことをお勧めいたします。

■虫歯の治療について
こちらも麻酔の話につながるかもしれませんが、妊娠中の麻酔を使用する虫歯治療は難しくなります。妊娠中はただでさえホルモンバランスなどの影響で虫歯になりやすくなっておりますので、ブラケットなどの矯正器具の隙間はかなり注意してブラッシングしていただくようにお願いしています。

■CT、レントゲンの使用について
CTやレントゲンを撮影する際、低量ではありますが放射線被ばくが起こります。歯科で使用するものは日本産婦人科学会でも被ばく量としては問題ないと言われていますが、無いに越したことはありませんので、可能であれば妊娠前に検査などは済ませておいていただくことをお勧めいたします。

結婚や妊娠など、女性の方は思わぬところで人生の転機が訪れるかと思います。今現在治療中の方も、これから矯正治療を検討されている方も、そういった患者さん自身のライフワークを最大限考慮した治療を心がけていますので、不安なことなどがある場合はいつでもご相談ください。

2020.01.28

矯正治療中の夜食に関する注意

こんにちは。
メープル矯正歯科の山口です。

今回は、矯正治療中の夜食を摂ることに関する注意という点についてお話していきたいと思います。

矯正治療中に限定してのお話ではないかもしれませんが、夜食に関する注意点としてやはり虫歯のリスクが高くなるということです。日本人の8割が虫歯の問題を抱えているという話も聞くぐらい虫歯に関してはリスクが高い問題で、矯正治療中に虫歯にかかってしまうと様々な問題が出てきます。


■矯正治療中の虫歯の問題

①矯正治療の中断虫歯はご存じの通り、一度かかってしまうと自然治癒するものではありません。そのため、矯正治療中に虫歯にかかってしまうと一旦矯正治療を中断して虫歯の治療を優先する必要があります。矯正装置を外してしまうと、外していた期間に応じて治療期間が長くなってしまう可能性があります。

②矯正装置の費用矯正装置を一度外してしまうと、再度装置を作成して装着する必要が出てきます。これはブラケットを使用する矯正治療や、アライナーを使用する矯正治療いずれにも言えることで、再作成の費用など余分にかかってしまうことがあります。

この様に、単純に虫歯治療といっても様々な影響を及ぼしてしまうことがあります。そのため、矯正治療を開始する前にはしっかりとブラッシングをしてもらえるようにブラッシング指導を行っていますので、意識して磨いていただいている方も多いかと思います。


ただ今回少し気になるデータとして、子供の歯磨きの習慣についてというものがありましたので、そちらも紹介してみたいと思います。

■夜食を食べることがありますか?(軽食やお菓子などを含む)
・中学1年生:27%、中学2年生:32%、中学3年生:31%
・高校1年生:26%、高校2年生:32%、高校3年生:38%

■夜食を摂った後に歯磨きをせずに就寝することがある人の割合
・0時以前に寝る人:24%
・0時以降に寝る人:39.8%

この様に、受験勉強などで夜食を摂取することが多くなる高校生では約4割のお子さんが歯磨きをせずに寝てしまうことがあると回答しています。また、夜食として食べ物を食べた後は歯を磨くが、ジュースなどの糖分を含んだ飲み物を飲んだぐらいでは磨いていないという人まで含むともっと割合は高くなるのではないかと思います。

初めのうちは頑張って磨いていたというお子さんでも、だんだん億劫になってサボってしまうということもあるのではないかと思います。治療中のお子さんの口腔内の状況は、叢生(凸凹、乱ぐい歯)や開口(オープンバイト)など、虫歯になりやすい状態であることが多いと思いますので、ご家族の方もブラッシングに関して注目していただき、計画通り矯正治療を進めていくためのサポートの意識を持っていただけたら私たちも非常に助かります。もしブラッシングに関することなどでご不明点などある場合は、いつでもお気軽にご相談ください。

2020.01.09

犬歯の萌出障害について

明けましておめでとうございます。
メープル矯正歯科の山口です。

今回は、犬歯の萌出障害に注目してお話していきたいと思います。

言うまでもないかと思いますが、犬歯とは前歯(一番前の歯)から数えて3番目の歯で、少し尖ったような形態をしています。昔は裁縫の時にこの歯で糸を切っていたことから糸切り歯などの呼ばれ方もありますが、本来は食べ物を切り裂くといった役割を持っている歯です。他の歯と比較してみると、歯根(歯茎に中に埋まっている歯の根っこの部分)が一番長く、強いという特徴があります。これは、食べ物を切り裂くときに強い力が掛かるということもありますが、犬歯は咀嚼の時に顎の動きが正しくなるようにガイドするという大切な役割があるため、強い力にも耐えられるような特徴を持っています。

若い方に多いかもしれませんが、犬歯と聞くと八重歯を連想し、その状態が可愛い、羨ましいと思われがちではないかと思います。八重歯は犬歯だけの呼び方ではなく、歯列からはみ出している歯のことを指して呼んでいるのですが、一般的には犬歯がそうなりやすいので八重歯といえば犬歯というイメージがついています。

この八重歯は、顎が小さかったり、1本1本の歯が大きいなどで、全ての歯が歯列の中に並ぶスペースが無いことで起きます。そうすると、後から生えてくる歯が並ぶスペースが無いため、歯列の外にはみ出した状態で生えてきてしまいます。犬歯は生えてくるのが前歯や臼歯が生えてからなので、はみ出してしまいやすい歯(八重歯)という認識が強いのだと思います。

八重歯も含めて、歯の萌出に何らかの障害があるケースで最近注目されているのが、隣接歯の歯根吸収のリスクについてです。犬歯は他の歯が生えてから出てくる歯のため、生える角度が悪いと、隣接歯の歯根にぶつかりながら生えようとしてしまいます。歯根は強い力が継続的にかかってしまうと、歯根吸収といって溶けてなくなってしまう現象が起こります。歯根吸収は初期症状ではほとんど自覚症状が無いため、レントゲンやCTを撮影して確認するまでわからなかったということもよくあります。


とは言いましても、こういった症状は決して多くはないため、そこまで深刻に捉える必要はないかと思います。お子さんの歯の生え替わりに時期に歯の傾きがおかしくないか、いつまでも歯が生えないままになっていないかといったことをチェックしていただき、気になる場合は歯科医院を受診していただくと、レントゲンやCT撮影で今の状況を確認して対応するといったことも可能です。

こういった萌出障害も含めて、お子さんの小さい時から歯並びをチェックしておくことで将来の歯並びをある程度コントロールしたり、事前に対応してくといったことも考えられます。定期健診のつもりで、何か気になることがある場合は、いつでもお気軽にご相談いただけたらと思います。

PREV
NEXT
PREV
1
NEXT