BLOG|矯正の本音

矯正歯科に関する正しい知識や情報のご提供、医院の活動のご報告などを連載していきます。

2017.04.12

理想の口元について

こんにちは。
メープル矯正歯科の山口です。

今回は、理想の口元についてお話していきたいと思います。

美的感覚と言うのはもちろん一人一人違いますので、絶対的な正解と言うのは存在しないのですが、私たち矯正歯科医が治療を行う際に口元の変化について注意して見ている点がありますのでその点を紹介していきます。

1. スマイルライン
2. リップライン
3. ガムライン
4. 口角(こうかく)

代表的なチェックポイントとしては上のようなものがあります。

1のスマイルラインと言うのは上の歯の先端を結んだラインのことで、緩やかなカーブになり、下唇に沿うのが綺麗だと言われています。もちろん歯の形状や顎、歯槽骨の状態などによって直線的になる方もいますが、出来る限り理想のラインに近づけるように叢生(乱ぐい歯、八重歯、デコボコ)などの治療を行っています。


2のリップラインとは笑顔になった時の上唇のラインのことを言います。リップラインは直線に近くなるのが綺麗とされており、その状態に近づくと笑顔の時に上の歯がほぼ見えている状態になります。このラインが上に上がりすぎるとガミースマイルと言われるハイリップラインになり、逆に下がりすぎるとローリップラインと言われる状態になります。


3のガムラインとは歯茎のラインのことです。笑顔の際に片方の歯茎だけ見えているのは見た目があまり綺麗で無いため、左右対称の形状になるように注意しながら治療を行っております。


4の口角はよく聞く言葉かもしれませんが、唇の両端のことを言います。口角を上げて笑う事によって笑顔が明るく見え、若い印象を与えるポイントとなっています。


このように様々なチェックポイントに注意しながら治療を行い、咬み合わせや見かけ上の改善に貢献できるように日々努力しています。検査・診断の際に皆さんの美的感覚など気になることがありましたらそちらも考慮しながら計画を立てていけたらと思いますので、気になることがありましたらお気軽にご相談してみてください。

2017.03.26

素敵な横顔とは?

こんにちは。
メープル矯正歯科の山口です。

今回は、横顔の理想とはどういったものかということをお話していきます。

皆さんの中にも、この人の横顔は綺麗だなと思う人はいるのではないでしょうか。女優さんや俳優さん、モデルの人など顔立ちはもちろん同じ人はいませんが、横顔の綺麗な人という点では以下のような点で共通していることが多いのではないかと思います。矯正治療前の検査においても以下の点を確認して診断していきます。

1.E-LINE(イーライン)
2.鼻唇角
3.頤(オトガイ)

この様なチェックのポイントがあるのですが、横顔から見た綺麗さは鼻と唇、そして顎の関係にあります。

まずE-LINEとは、鼻の先端と顎の出っ張った部分を直線で結んだラインのことを指します。日本人は、このラインから上の唇の先端と下の唇の先端が0mmから2mm程内側に入っているのが綺麗であると言われています。外国の人や鼻が高い人はこのラインが日本人より遠い位置に引かれますので、おおよそ5mm程内側に唇があるのが綺麗だと言われています。この様に個人の誤差はありますのできっちりと数値は決まりませんが、上顎前突(出っ歯)や下顎前突(しゃくれ、受け口)の重度の患者さんは数値的に大きく外れていることが多いです。


次に鼻唇角とは、鼻の付け根から鼻の先端までのラインと、鼻の付け根から唇までのラインの角度のことを言います。こちらも鼻の高さなどでもちろん変わってきますが、日本人の平均としては90度から100度程度が理想的な角度だとされています。上唇が出っ張ってしまったり、引っ込んでしまっているとこの角度が大きすぎたり小さすぎたりしてしまうため、歯の傾斜や歯列の大きさなどで改善していく必要があるかと思います。


最後に頤とは、下顎の一番出っ張った部分のことを言います。基準としての使い方は、下唇から頤、喉までをなぞった線が綺麗なS字を描いているのが理想とされています。下顎が出たり引っ込んだりしている人では、このS字のカーブがきつかったり緩過ぎるということになります。頤に関しては、正面からのチェックポイントになっています。口を閉じたときに頤に梅干状のシワがでていれば、前歯の突出(前にでている)による不正咬合があることが分かります。




こちらのチェックポイントや数値は何度も言いますが、あくまでも平均値ではありますので、目安の一つとしてお考えいただければと思います。患者さん一人一人の理想的な角度や位置は変わってきます。必ずしもその数値や角度が絶対ということではありません。そのため、検査をしっかりと行い、治療の計画を立てて少しでも理想の横顔に近づけていくというのが私たちの目標だと思います。まずはご自宅の鏡でご自身で確認してみてはいかがでしょうか?

2017.03.10

乳歯列期の状況

こんにちは。
メープル矯正歯科の山口です。

最近当院では、親御さんから小さいお子さんの歯並びについての相談に来ていただくこともかなり増えてきました。ご自身が矯正をされているパターンや、ご兄弟が矯正を始めて下の子も気になるパターンなどきっかけは様々ですが、このように早いうちから意識してもらうと、歯を抜かない治療の選択肢も広がる可能性があるため、とてもおすすめできるかと思います。ただ、皆さん気になるといっても個人の感覚で、どこを見ればいいのかというのはなかなかわかりにくいのではないかと思います。そこで今回は一般的な乳歯からの生え変わりやチェックしてもらうポイントなどを説明していきます。

■0歳から0.5歳
生後半年ほどで、下顎中切歯(下の前歯)がまず生えてきます。
・この歯は基準となる歯がない状態で生えてきますので、きちんと真ん中ではない可能性がありますが、特に気にする必要はないかと思います。

■0.5歳から3歳
3歳前後になると乳歯が全て生え揃い、ばらばらに生えてきていた歯も隣の歯に影響されてきちんと並んでくる時期になります。
・この時期には、歯が生え揃うにつれて隙間があったり少し気になる部分もあると思います。ただ、顎の成長スピードなどもありますので、気にしすぎる必要はない時期かと思います。



■3歳から6歳
6歳頃になると、第一大臼歯(親知らずを除いて奥から2番目の歯)が永久歯へと生え変わり始めます。この時期に生えてくるため、この歯を6歳臼歯と呼ぶこともあります。そして顎の大きさも大きくなるため、並んでいた歯に少しずつ隙間が空いてきます。これは永久歯が生え揃うスペースとなるため、必要な隙間です。
・この時期にチェックしてもらうポイントとしては、第一大臼歯がしっかりと生えているかということです。この歯が歯列の基準となるため、不安定だとしっかりした歯列になりにくくなります。また、永久歯が生えるためのスペースが歯と歯の間に出来てきているかも同時にチェックしてみてください。乳歯と永久歯の簡単な見分け方は、色だと思います。乳歯は色は白く、永久歯はやや黄色の色をしています。


■6歳から12歳
12歳頃に第二大臼歯(一番奥の歯で12歳臼歯とも呼ばれます)が最後に生えて、全てが永久歯に生え変わります。
・この時期は永久歯に生え変わる時期になるため、チェックすることも増えてきます。歯の並ぶスペースが無いと叢生(乱ぐい歯、デコボコ、八重歯)になったり、上顎前突(出っ歯)、下顎前突(受け口、反対咬合、しゃくれ)になる可能性があるため、チェックをしてください。また、臼歯(奥歯)も水平方向にズレていないかをチェックしてみてください。この位置がズレていると、交叉咬合(クロスバイト)になる可能性があります。






この様に、成長段階に応じて気にしてもらうポイントは変わっていきます。これはあくまでも平均的な例を挙げたものなので、個人差は出てきますが見てもらうポイントは同じですので、このことを少し意識してお子さんの歯列をチェックしてあげてください。その上で、気になることやわからないことなどありましたら、私達矯正専門医がしっかりと検査し、診断を行ってからアドバイスや治療を行っていきますので、お気軽にご相談ください。

2017.02.28

不正咬合、交叉咬合(クロスバイト)について

こんにちは。
メープル矯正歯科の山口です。

今日は不正咬合のうちの一つ、交叉咬合に関して書いていこうと思います。

不正咬合には叢生(デコボコ、乱ぐい歯、八重歯)や捻転(捻じれ)などの軽度のものから、上顎前突(出っ歯)や下顎前突(しゃくれ、反対咬合)など噛み合わせまで問題が生じているものなど、数々のタイプがあります。今回は噛み合わせにも影響がある、奥歯の交叉咬合(クロスバイト)と鋏状咬合(すれ違い咬合)についてご紹介します。

まずクロスバイトは、「交叉咬合」と呼ばれています。上下の奥歯が反対に咬んでいる状態で、歯の生え方の問題、あるいは顎の位置に問題のものがあります。通常、上顎歯列が少し外側に下顎歯列に被さるように並んでいます。交叉咬合は逆に下顎が外側になっています。そのため、咀嚼機能に異常を来します。奥歯で食べ物を噛む度に違和感を生じることがあったり、本来の噛む位置で本来の機能を果たすことが出来ていません。(前歯で噛み切る、奥歯ですり潰すなど)



交叉咬合に似たもので鋏状咬合(すれ違い咬合)があります。これも交叉咬合に似た症状が起きます。交叉咬合のように反対に咬んでいないのですが、完全に歯同士がハサミのようにすれ違っている状態を指します。通常、12歳臼歯と呼ばれる奥歯がなりやすいです。一番奥の歯なので、気づきにくいことが多いです。



交叉咬合・鋏状咬合の原因には遺伝的なものと外的要因のものの大きく2つがあります。外的要因でいうと、常に同じ方向で頬杖を突いていることや舌が正しい位置に来ない舌癖、そして口呼吸が原因となっていることがあります。また、柔らかいものばかり食べていることで咀嚼力が低下し、骨の成長過程で交叉咬合になることもあります。

更に、成長過程で骨のバランスが悪くなったことによって交叉咬合が引き起こされると、食べ物を均等に噛むことができないので、顎関節症などの2次被害に繋がってしまうケースもあるのです。

片側性の交叉咬合は乳歯がある幼少期に確認することもできます。まず前歯の確認からなので目検できます。上下の前歯が縦に揃っているか、確認します。(一番前の2本の歯の間、正中線が上下揃っているか)揃っていなかった場合、次に左右の奥歯を確認します。もし下顎が外側に出ている歯がある場合は片側性の交叉咬合の可能性が高いので、早めに改善方法を見つけることをおすすめします。



今回は交叉咬合・鋏状咬合についてご紹介しました。交叉咬合・鋏状咬合の怖いところは、悪化すると顔の歪みや頭痛といった、外と内の両面から症状が現れることです。このように、2次被害、3次被害を起こし兼ねないので、幼少期から骨の成長をコントロール、食生活の改善を意識しながら早い段階での治療が大切です。



2017.02.14

非抜歯治療の可能性とリスク

こんにちは。
メープル矯正歯科の山口です。

今回は非抜歯による治療の可能性とリスクについてご紹介していきたいと思います。抜歯か非抜歯かというのは長年の間矯正歯科学会でも議論され続けていますが、これという正解はないというほど難しい問題ではあります。そのため私達も患者さんにとってベストな状態に近づけていく様に診断をして、皆さんにご案内をさせていただいております。

ではなぜ抜歯が必要になってくるのでしょうか?一概に皆さんが同じ理由というわけではありませんが、一番多い理由としては歯を並べるスペースが無いということが挙げられます。近年では食べ物が柔らかくなったりしてきている影響もあり、顎の小さい患者さんがよく来院されます。顎が小さいと歯が並ぶスペースが足りなくなってしまい、歯が並びきれずに重なって生えてきて叢生(デコボコ、八重歯、乱ぐい歯)になったり、回転した状態で生えてきたり(捻転)します。この叢生や捻転を治療するためにスペースを確保していく一番簡単な方法が抜歯というわけです。



とは言いましても、この理由からするとほぼ全ての患者さんに抜歯は必要になるのでしょうか?答えとしては「NO」です。非抜歯で十分治療していくことが可能な方もいらっしゃいます。非抜歯治療ではどの様にスペースを確保していくかと言うと、アーチフォーム(歯列弓)を広げる方法、奥歯の遠心(後方)移動、IPR (歯の幅をやすりで狭める)などといった方法があります。アーチフォームを広げるというのは、Uの字型の歯列を横方向に広げてスペースを確保していきます。奥歯の遠心移動とは、奥歯(第二大臼歯または親知らず)の後ろに歯をずらしていき、歯列全体でスペースを確保していきます。またIPRとは、歯の側面を少しずつ削って歯のサイズを小さくする方法のことを言います。この様に非抜歯でも方法はいくつかあるのですが、どれもスペースの確保できる量には限界があります。この確保できる量内で治療が出来るかどうかが、抜歯・非抜歯治療のひとつの分かれ道になっています。


歯列弓拡大


奥歯の遠心移動


IPR

では無理に非抜歯で治療するとどの様なことが起こるかというと、顎の中で歯が並びきらずに上下の歯が前方に出てしまい、上下顎前突という横から見ると常に唇が前に出ているような状態になります。この状態は唇にとっても自然な状態ではなく、口を閉じようとすると歯を抑え込むような力がかかってしまいます。その結果、歯が唇に押されてまた歯列が乱れてしまう後戻りという事態も引き起こしかねません。





当院でもやはり非抜歯を希望する患者さんは多く、私たちも出来る限り患者さんの希望に添えるように全力を尽くしております。ただ先にお話しした通り、全て要望に沿うことが出来ないということもあります。この治療が可能かどうかということを調べるために私たち矯正歯科医は患者さん皆さんの検査・診断をしているというわけです。ですので、まずは皆さんの歯列の状態を確認し、治療の可能性を知るという意味でもきちんとした診断が可能な矯正専門医に相談してみてはいかがでしょうか。

2017.01.27

矮小歯はすぐに治療が必要か?

こんにちは。
メープル矯正歯科の山口です。

今日は「矮小歯はすぐに治療する必要があるか」、ということに関して考えていきたいと思います。

そもそも矮小歯に関してはあまり知られていないかもしれません。「わいしょうし」と読みますが、極端に歯が小さく、形態も違う状態(通常はシャベルのような形をしていますが、円柱状の形が多い)を指します。たまに学校などの歯科検診の際に矮小歯と診断されて驚かれる方もいらっしゃって、すぐに治療しなくてはいけないものですか?と相談を受けることがあります。







矮小歯の原因は大体が遺伝などの先天的なもので、ビタミンDの不足が考えられています。現代人は軟らかいものを食べるようになり、顎の骨も小さくなってきているため、これに合わせて歯が小さくなってきているという説もあります。大体矮小歯になる歯は、前歯(真ん中から2番目の前歯が多い)か、智歯(親知らず)で、前歯が矮小歯になると見た目(審美面)にも問題が出ています。

この矮小歯ですが、すぐに治療しなくてはいけないかというと必ずしもそうとも限りません。

先に矮小歯の問題を見てみると、上に書いたようにまず見た目です。ただ親知らずが矮小歯の場合、あまり見た目は関係ありません。次に考えられる問題としては不正咬合、特に隙っ歯です。前歯が矮小歯だと通常の歯と比べると小さいため、隣の歯との間に隙間が出来やすく、更に磨き残しが生まれやすいことから齲蝕(虫歯)リスクが考えられます。また歯の幅が小さいため、上下の歯の噛み合わせバランスにも問題がある為、咀嚼機能の低下、そして変な噛み癖がつくことから顎関節への悪影響がうまれ、顎関節症へつながってしまうこともあります。

問題を見てみると治療の必要性に焦ってしまうかもしれませんが、顎の骨に合わせて歯のサイズが小さかったという場合は隙間もなく自然というケースもゼロではありません。そのため、問題になっているか、今後の歯並びや噛み合わせ、虫歯などのリスクが考えられるかを正確に見ていき判断すればと思います。

そのうえで治療が必要になった場合はいくつかのアプローチがあります。

レジン(専用の接着剤)やセラミックなど被せ物を使用して歯のサイズを上げ隙間を埋める治療があります。治療自体にそれほど時間がかかるものではないのですが、長い目で見ると定期的なメンテナンスは必要になります。また隙間を埋めても上下の歯のバランスが治っていないと結局、顎関節まで問題がつながってしまいます。




矯正治療の場合は歯並びを上下の噛み合せを整えていくため、上記の治療とは違って長く安定した咬合を手に入れることにつながります。

矮小歯自体すぐに治療が必要ではないかもしれませんが、不正咬合の原因や顎関節の問題へとつながるリスクを考えると矯正治療が必要になる場合もあります。あくまでしっかりと検査し、判断していくのがベストだと思いますので、気になる場合は矯正専門医に相談してみてはいかがでしょうか。

2017.01.26

舌の筋肉

こんにちは。
メープル矯正歯科の山口です。

今日は舌の筋肉について少し見ていこうと思います。

以前舌癖について書いたことがありますが、歯並びは舌の力にも影響を受け、場合によっては不正咬合の原因にもなります。もちろん唇の筋肉にも影響を受けるため、舌と唇の筋肉バランスも近年重要視されるようになってきました。

今回は舌癖だけでなく、筋肉全体にもう少し視野を広げてお伝えできればと思います。

まず、当たり前のことですが、舌にも筋肉があります。この筋肉は生まれてから機能しはじめ、成長とともに発達してきます。生まれた瞬間から呼吸のために使われはじめ、ほぼ同時に母乳や唾液を飲み込むためにも使われます。



また泣き声を上げたり、声を出せるようになると更に筋肉は頻繁に使われ、段々成長すると共に舌で音を鳴らしたり舌遊びをする中でまた強くなってきます。

更に固形物を食べられるようになる頃には、咀嚼した食べ物を喉の奥へと送り込む機能も果たします。



このように本来自然と発達し、筋肉も強くなってくるのですが、軟らかいものしか食べないなどの生活習慣から、舌の筋肉の発達が遅れてしまうことが近年よく見られます。

舌の筋肉の発達が進まないと食べ物を飲み込む力も弱く、食事に時間がかかり始めます。また発音も切れのある音を発することが出来なくなってしまいます。これが当たり前の状態になっていると、本来上あごについている舌が下に降りてきます(低位舌)。



舌が降りてきている状態(低位舌)でまず生じる弊害は気道が狭くなることです。気道が確保されなくなると口呼吸になります。口呼吸になると食べ物を飲み込む際に舌は外に押出よう(嚥下癖)として、下顎前歯を押してしまい、下顎前突(受け口、反対咬合)やオープンバイト(開咬:前歯が咬んでいない)などの不正咬合につながります。





また口呼吸になると口腔内は乾燥します。乾燥すると唾液による自浄効果も下がり、齲蝕(虫歯)などの原因にもなってしまいます。

舌癖が不正咬合の原因の一つとなっていることはだいぶ多くの方に認識されてきましたが、舌癖のさらなる原因として軟らかいものばかり食べる習慣ということはまだあまり知られていないかもしれません。また不正咬合だけでなく、上に書いたように虫歯などの衛生面の問題へもつながってきます。



食べ物を良く噛むことは様々な面で大切です。最近では脳の発達も影響していることもわかってきました。毎日の食事が、不正咬合だけでなく健康まで含めて関係してくることが少しでも伝われば幸いです。