BLOG|矯正の本音

矯正歯科に関する正しい知識や情報のご提供、医院の活動のご報告などを連載していきます。

2016.10.29

顎間ゴム(エラスティック)

こんにちは。
メープル矯正歯科の山口です。

今日は多種多様の矯正材料の中でも「顎間ゴム(エラスティック)」についてご紹介したいと思います。

矯正材料には様々な種類があり、多くの場合歯に直接つけるブラケットとワイヤーをイメージされるのではないでしょうか。

ブラケットは矯正治療中の見た目に関して直接影響を与えるため、白や透明のブラケットでの治療、あるいは全く見えない裏側矯正(舌側、リンガル)のような装置に注目されるのではないかと思います。更に最近はマウスピース矯正(インビザラインなど)も普及してきているので、実際歯を動かす装置イコール矯正装置というイメージが強くなってきています。



矯正装置は上顎前突(出っ歯)、下顎前突(反対咬合、受け口)など症例に合わせて使う装置もあり、中にはヘッドギアなどを見たことがある方もいらっしゃるかもしれません。矯正装置は大きく二つに分けることが出来ます。一つはブラケットのように一度つけたら患者さんの意思で取り外しをしないもの。そしてもう一つは患者さん自身が取り外しをするものです。ヘッドギアは患者さん自身が取り外しをするものに分類されます。

その患者さん自身が取り外しする装置の中で、今日ご紹介する顎間ゴム(エラスティック)というものは、多くの患者さんが関わる可能性の高いものの一つです。

言葉の通り、顎と顎の間のゴムということなのですが、上顎と下顎の間に小さな輪ゴムを掛けて噛み合せを改善するものです。ワイヤー、もしくはブラケットにフックと呼ばれる小さな突起があり、そこにゴムを掛けることで治療します。顎の前後のズレを治したり、抜歯空隙(隙間)を閉じるためにコントロールしたり、ゴムの強さと大きさに様々な種類があり、症状に合わせて矯正専門医が選択し、患者さんにつけてもらうものです。

この顎間ゴム(エラスティック)のような患者さん自身が取り外しするものは、実はとても大切で、ゴムの強さや掛ける位置もすべて計算されています。そのため、「今日は付けないで寝ちゃおう」といって、使わないことがあると、その分歯と顎の動きが遅くなり、矯正治療全般に悪影響となり、治療期間が長くなってしまいます。

比較的成人の患者さんの場合だと、顎間ゴム(エラスティック)をちゃんと計画通り使用されることが多いのですが、小児矯正の場合だと親御さんがしっかりと使用確認をする必要があります。実際とても小さなゴムなので、数日使わなくても問題なさそうに見えますが、毎日の習慣が治療に大きく影響するため、必ず使用するようにしましょう。もちろんマウスピース矯正にも同じことが言えます。

今回、顎間ゴム(エラスティック)について書きましたが、お伝えしたいことはしっかりと矯正装置を使用しましょうということだけでなく、少しでも早く計画通りに矯正治療を終えていけるように情報発信していきたいと思うからです。歯列矯正治療は一瞬で終わる治療ではありません。患者さん、ご家族の方、そして矯正専門医とスタッフ、みんなで協力しながら最大限の治療効果を短い期間で手に入れていきたいと日々考えています。

 

2016.10.15

噛み合わせと脳の関係

こんにちは。

メープル矯正歯科の山口です。

今日は脳と噛み合せについて書いてみようと思います。

一見噛み合せと脳?と思われるかもしれませんが、実は噛み合せの改善と、脳の成長に関連があることが少しずつわかってきています。特に子供の場合は成長段階にある為、何かの参考になるかと思います。

まず噛むという動作自体が脳へ直接刺激を与え、発達を促していることがわかってきています。人は食べ物を咀嚼(噛む)際に、歯根膜(歯根を覆っている膜のこと)へ刺激が伝わります。その歯根膜を通して、噛み応えや硬さ、軟らかさを脳へ伝達します。人の脳は6歳前後までにはほぼ完成するため、乳歯列期から永久歯列期に入る頃までにどれだけよく噛んでいるかということが、脳の成長に影響を与えます。頭蓋骨に顎、歯、そして脳は収まっているため、影響があることもイメージがわくかと思います。

また生理学分野においてもこの研究が進み、噛み合せと脳の関係が証明されてきました。ある実験では臼歯がない方と、しっかりと噛み合っていない義歯を入れている方の前頭葉機能の数値を図りました。そのあと噛み合せ治療を行い、正常な咀嚼機能を回復して同じく前頭葉数値を図ってみたところ、それぞれの患者さんの集中力、意欲などが高まるという結果が得られました。そういえば、受験勉強中にガムを噛むと良いという話もどこかで耳にしたことがあります。

噛み合せだけでなく、上顎前突(出っ歯)や下顎前突(反対咬合、受け口)、あるいは開咬(オープンバイト)だと咀嚼時に歯根膜への刺激がない部位があり、脳への信号も正常咬合の方と比べて明らかに差が出てきます。

矯正治療は見た目の改善を求められる患者さんが最も多いのですが、こういった見えない部分への影響も考えると、とても価値ある治療だということがわかってきます。一見歯並びと関係なさそうではありますが、スポーツ分野など様々な分野での影響もわかってきていますので、一つ参考にしていただければと思います。

 

2016.10.04

身近になってきた矯正治療

こんにちは。
メープル矯正歯科の山口です。

今日は矯正治療を身近に感じる人が増えてきているというお話です。

矯正治療を、身近に感じるようになった要因は二つあるかと思います。一つは矯正材料の進化により、見えない、目立たない矯正治療が可能になったこと。そしてもう一つは噛み合せ、健康、予防などの重要性が広がってきたことではないでしょうか。

矯正治療は一昔前は金属のブラケットしかなく、矯正治療中にはとても目立っていました。さらに昔になると歯に直接ブラケットを接着する術がなかったため、金属のバンドを歯に巻いて、それにブラケットを装着する時代もありました。ほぼ歯全体が金属で覆われるため、よっぽどのことがない限り矯正治療を受ける人がいなかった時代です。

それに比べると今はセラミックやプラスチック製の白いブラケットが登場したり、ブラケットを歯の裏側につける舌側矯正(リンガル、裏側矯正)や、マウスピース矯正(インビザラインなど)も選択でき、全く見えない状態での歯列矯正もできるようになりました。

健康の観点から言うと、不正咬合が改善されることで歯磨きがしやすくなり、虫歯(齲蝕)や歯周病予防につながる、あるいは噛み合せが改善することから人によっては肩こりや頭痛が改善されたなどという情報を色々なところで目にするようになりました。

このような背景から身近に感じるようになっている矯正治療ですが、実際どれくらいの割合の方が矯正治療を特別なものと感じなくなってきているのかというデータを見つけたのでご紹介したいと思います。

Q1)歯列矯正は特別なことだと感じますか?

・1.4%:感じる

・7.1%:やや感じる

・28.8%:どちらともいえない

・40.1%:あまり感じない

・22.6%:感じない

Q2)矯正装置(ブラケット)に対する抵抗感は昔と比べて薄れていますか?

・1.2%:薄れていない

・7.1%:あまり薄れていない

・25.4%:どちらともいえない

・45.3%:やや薄れている

・21.0%:薄れている

みなさんはいかがでしょうか。

60%以上の方が以前と比べて抵抗感がなくなってきているのですが、実は矯正材料の進化とは別に、全く変化していないこともあります。それは診断です。矯正治療は患者さん一人一人に対して検査をして診断し、矯正治療計画を立てていきますが、矯正専門医が行うという点は全く変わっていません。検査に関してはレントゲンやセファロ、CTなど進化していますが、検査と診断が重要であるということは全く昔も今も変わりません。

上顎前突(出っ歯)や下顎前突(受け口、反対咬合)と一言でいっても原因も違い、その不正咬合の程度も全く違います。また上記と同時に叢生(デコボコ、乱ぐい歯、八重歯)なども併発していることも多々あります。患者さん一人ひとり全く違う状態から、綺麗な歯列へと治療していくのは、矯正専門医の経験を基にした診断が必要不可欠です。

矯正治療が身近になればなるほど、診断の精度を高め、患者さんにとってベストな治療を提供していくことが大切かつ絶対条件だと思い日々治療にあたっています。

 

2016.09.09

MFTについて

こんにちは。

メープル矯正歯科の山口です。

今日はMFT(口腔筋機能療法)についてご紹介したいと思います。あまり聞いたことがない言葉かと思いますが、実は矯正治療後の後戻りを防ぐ観点からも大切なものになります。日本語だと口腔筋機能療法と訳されますが、Myo=筋肉、Functional=機能、Therapy=療法の略で、舌や口腔筋のトレーニングをすることで、後戻りを防ぎ、舌を本来の位置にもってくる、あるいは付随する様々な健康を手に入れることを目的としています。

矯正治療は歯にブラケット(矯正装置)とワイヤーを装着して実際に歯列を並べる期間である「動的治療期間」と、後戻りを防ぐ「保定装置期間」とがあります。MFTは主に保定装置期間に関係するものではありますが、歯並びが悪い原因に挙げられる舌癖の改善を考えると矯正治療全体に関わるポイントになります。



歯は弱い力でも動くということを以前お伝えしたことがありますが、筋肉によって歯並びが悪くなることも、綺麗な歯列を維持することもあります。例えば舌が本来の位置になく、上下の前歯の間に常に入っている場合、唾液や食べ物を飲み込むたびに前歯を外に押し出し、それが原因で上顎前突(出っ歯)や下顎前突(反対咬合、しゃくれ、受け口)になってしまうこともあります。

またアレルギー性鼻炎などにより、口呼吸が困難で常に口が開いてしまっている場合(開口、オープンバイト)も、歯列を抑える唇の筋肉が機能していないことから同様の不正咬合につながるケースもあります。アレルギー性鼻炎が成人になって改善されても、そこから身についた舌癖が残ってしまい、綺麗な歯並びを維持することを阻害してしまうこともあります。

具体的にはMFTはガムを口蓋(口の中の上の部分)に舌で押し付ける、唇をパッと音が鳴るように開く、など誰でも簡単に出来るものがほとんどです。舌癖を始め、身についた習慣をこういった簡単に出来るトレーニングを行うことから改善していきます。

歯列矯正は、単に叢生(デコボコ、乱ぐい歯、八重歯)などを改善し、綺麗に並べるだけではありません。噛み合わせを含めた改善、そして長く綺麗になった咬合を維持することまで考えての治療になります。常に長い目で、そして筋肉、健康も含めた広い視点での魅力ある顔貌を手に入れていただきたいと思います。

 

2016.09.08

不正咬合と歯磨き

こんにちは。

メープル矯正歯科の山口です。

今日は不正咬合と歯磨きについて書いていきたいと思います。

不正咬合の種類はこれまで書いてきた通り様々あり、またそれぞれの原因も多種になります。例えば上顎前突(出っ歯)一つとってみても上顎前歯の先端(切端)が唇側(外側)に倒れこんでいるものや、下顎の劣成長のものなど色々あります。原因は舌癖によるものから遺伝によるもの、噛み癖からくるものなどあります。下顎前突(受け口、反対咬合)に関しても同じように遺伝や骨のバランスによるものなど様々です。

ではそういった不正咬合にそもそもならないために気を付けることはどういったものがあるのでしょう。遺伝など先天的なものは回避出来ない場合もありますが、後天的なものは日々の習慣の中である程度抑えることが出来るものもあります。

その代表例が上にも書きました舌癖ではないでしょうか。本来の舌の位置に来るように、舌のトレーニングをすることで必要以上に歯列が外側に出ることを回避することが出来ます。また舌の筋肉が正常になることで、歯が内側に倒れ込んでくるのを抑えることにもつながります。この舌トレーニングは矯正専門医でよくやっていて、矯正治療後の後戻りをある程度抑えることにもつなげています。

では歯科医院に行かずに誰にでも出来ることは何かというと、やはり丁寧な歯磨きではないでしょうか。歯磨きと歯並びは一見関係ないように思えます。しかし実は長い目で見ると影響が出てきます。

もし歯磨きをおろそかにして虫歯(齲蝕)になったとします。虫歯はやがて歯周病などもっと大きなトラブルへとつながり、最終的に抜歯につながってしまいます。歯が抜けてスペースが出来ると隣接歯はそのスペースに倒れ込んでしまいます。歯が抜けたスペース自体見た目に問題ですが、横の歯まで巻き込んでしまうということも実はあるのです。またブラックトライアングルについても書いたことがありますが、磨き残しから歯肉の後退が進み、ブラックトライアングルが目立ってしまうということがあります。これは現在歯並びが綺麗な方にも当てはまることで、意外に知られていないことかもしれません。

また抜歯までいかなかったとしても、例えば奥歯に歯周病が出来たり、重度の虫歯が生まれてしまうと咀嚼(食べ物を噛む)する際に奥歯の機能を前歯でカバーしようとしてしまいます。奥歯は本来食べ物をすり潰す機能を持っています。これを前歯で行おうとすると、水平方向に必要以上に顎を動かし、顎関節に問題を生じてしまう可能性があります。また強く噛みすぎることから段々と前歯が外側に倒れて上顎前突の原因になる可能性もあります。

いかがでしょうか。意外に歯磨きが歯並びへ影響を与えることがお分かりいただけたかと思います。ただ今回は脅かすつもりで書いているわけではありません。本来矯正治療は長く自分の歯を健康に保つということも大きな目的の一つです。歯並びを治すことで歯磨きがしやすくなり、虫歯になりにくくなったということも良く聞きますが、矯正治療以前に日々の歯磨きをすることは、子供、成人関係なく大切なことです。一人でも多くの方が健康な歯を保ち、毎日の食事を楽しめるようになればと思っています。

 

2016.08.10

歯並びへ影響を与える舌癖

こんにちは。

メープル矯正歯科の山口です。

歯並びが悪くなる原因というのは先天性のものから後天性のものまで様々です。今日は後天性の方にあたる舌癖についてご紹介したいと思います。

歯というのはとても弱い力で動いていきます。歯列矯正はこの性質を利用して動かしていくわけですが、逆に日々の口腔内の癖によっても歯を動かしていってしまいます。その代表格にあたるのが舌癖です。字の通り、舌の癖のことですが、どういったものかを見ていってみましょう。

普段リラックスしてテレビを見ているとき、あるいは本などを読んでいるときに舌の位置はどこにありますか?今日ご紹介する舌癖は普段の何気ない状態のときの舌の位置を確認することで判断することが出来ます。

本来舌の正しい位置というのは、上顎の歯の根元部分(スポット)に舌の先が軽く触れている状態です。



正しい位置に舌がない場合、唾を飲み込む際に上下の歯の間に舌が入っていったり、外に出てしまう癖がある人もいます。飲み込む際に舌がこのように外に出ようとすると、歯列を外側に押し出そうとする力が加わっていきます。これが舌癖です。

舌癖になると、歯に余計な力が加わりますので、上顎前突など口元が外に出る不正咬合になりやすかったり、隙っ歯があると特にその部分に舌が入っていくため、隣接している歯が捻転(ねじれ)たり、叢生(デコボコ、乱ぐい歯)になりやすいなど、不正咬合の大きな原因の一つとなります。オープンバイト(開口)の症状もある場合は、唇で歯列を抑える力が弱いため、更に不正咬合が悪化してしまうリスクもあります。また不正咬合だけでなく、サ行やタ行の発音に障害が出やすくなるのも問題です。

 

舌癖の原因も実は様々で、遺伝の場合もあれば、小さいころからの指しゃぶり、あるいは鼻炎からくる口呼吸などがあります。矯正治療では、舌トレーニングなどを行い、舌の癖の改善も同時に行っていきます。歯並びだけ綺麗に治しても、歯並びが悪くなった原因を解決しないと、また後戻りしてしまうためです。

小児矯正の場合、こういった癖は成人より比較的治しやすいため、早めのチェックがお勧めです。歯列が悪化する前に歯並びだけでなくこういった癖にも目を向けていただければと思います。

 

2016.07.21

インフォームドコンセントについて

こんにちは。

メープル矯正歯科の山口です。

今日はインフォームドコンセントについてお伝えできればと思います。

「インフォームドコンセント」とは自分が受ける治療について、本人がしっかりとその治療内容を知る権利があるということから生まれた考え方で、医療現場から広がってきたものです。われわれ矯正医ももちろんですが、医療従事者がしっかりと患者さんに治療方針、内容を説明し、その内容にご理解いただいたうえで治療を進めていくというものです。

このインフォームドコンセントを大切にしようということが矯正専門医においても広がってきていて、特に歯科の中でも患者さんと長くお付き合いすることから矯正歯科で大切にされ始めています。

実は少し残念なことではありますが、矯正治療におけるトラブルも起きてきているようです。特に、インビザラインのようなマウスピース矯正や裏側矯正(舌側矯正、リンガル)など特別な技術や経験を要する治療の場合、途中で歯並びを治せなくなってしまったというケースが出てきています。見えない矯正治療は患者さんにとってとても大きなメリットです。そのため、こういった治療方法を選択する方も増えてきていると同時に、歯科医院として単なる患者さん集めの道具となってしまっていることがあるので、しっかりと見極める必要があります。

今回インフォームドコンセントをテーマにしたのは、こういったトラブルの多くが、矯正治療開始前にしっかりと話すことで回避出来ることが多いからです。矯正医と患者さん、あるいはその家族を含めてしっかりと治療方法について話し合い、どういったリスクがあるかも含めてお互いに理解する必要があります。

矯正治療は虫歯治療とは違い保定装置期間を入れると年単位の期間が必要です。その間、骨の成長など計算だけでは測れないものも影響します。非抜歯での矯正治療を計画したとしても、患者さんの不正咬合と噛み合わせの状態によっては後から抜歯が必要になる場合もあります。そのため尚更インフォームドコンセントという考え方が大切になるのです。

メープル矯正歯科では矯正の始まりから終わりまで安心して治療できるよう、治療開始前は特にコミュニケーションをとっていきたいと思っております。また治療が始まった後も気になることが出てきたらいつでも矯正医、スタッフに相談していただきたいと思います。