BLOG|矯正の本音

矯正歯科に関する正しい知識や情報のご提供、医院の活動のご報告などを連載していきます。

2016.09.09

MFTについて

こんにちは。

メープル矯正歯科の山口です。

今日はMFT(口腔筋機能療法)についてご紹介したいと思います。あまり聞いたことがない言葉かと思いますが、実は矯正治療後の後戻りを防ぐ観点からも大切なものになります。日本語だと口腔筋機能療法と訳されますが、Myo=筋肉、Functional=機能、Therapy=療法の略で、舌や口腔筋のトレーニングをすることで、後戻りを防ぎ、舌を本来の位置にもってくる、あるいは付随する様々な健康を手に入れることを目的としています。

矯正治療は歯にブラケット(矯正装置)とワイヤーを装着して実際に歯列を並べる期間である「動的治療期間」と、後戻りを防ぐ「保定装置期間」とがあります。MFTは主に保定装置期間に関係するものではありますが、歯並びが悪い原因に挙げられる舌癖の改善を考えると矯正治療全体に関わるポイントになります。



歯は弱い力でも動くということを以前お伝えしたことがありますが、筋肉によって歯並びが悪くなることも、綺麗な歯列を維持することもあります。例えば舌が本来の位置になく、上下の前歯の間に常に入っている場合、唾液や食べ物を飲み込むたびに前歯を外に押し出し、それが原因で上顎前突(出っ歯)や下顎前突(反対咬合、しゃくれ、受け口)になってしまうこともあります。

またアレルギー性鼻炎などにより、口呼吸が困難で常に口が開いてしまっている場合(開口、オープンバイト)も、歯列を抑える唇の筋肉が機能していないことから同様の不正咬合につながるケースもあります。アレルギー性鼻炎が成人になって改善されても、そこから身についた舌癖が残ってしまい、綺麗な歯並びを維持することを阻害してしまうこともあります。

具体的にはMFTはガムを口蓋(口の中の上の部分)に舌で押し付ける、唇をパッと音が鳴るように開く、など誰でも簡単に出来るものがほとんどです。舌癖を始め、身についた習慣をこういった簡単に出来るトレーニングを行うことから改善していきます。

歯列矯正は、単に叢生(デコボコ、乱ぐい歯、八重歯)などを改善し、綺麗に並べるだけではありません。噛み合わせを含めた改善、そして長く綺麗になった咬合を維持することまで考えての治療になります。常に長い目で、そして筋肉、健康も含めた広い視点での魅力ある顔貌を手に入れていただきたいと思います。

 

2016.09.08

不正咬合と歯磨き

こんにちは。

メープル矯正歯科の山口です。

今日は不正咬合と歯磨きについて書いていきたいと思います。

不正咬合の種類はこれまで書いてきた通り様々あり、またそれぞれの原因も多種になります。例えば上顎前突(出っ歯)一つとってみても上顎前歯の先端(切端)が唇側(外側)に倒れこんでいるものや、下顎の劣成長のものなど色々あります。原因は舌癖によるものから遺伝によるもの、噛み癖からくるものなどあります。下顎前突(受け口、反対咬合)に関しても同じように遺伝や骨のバランスによるものなど様々です。

ではそういった不正咬合にそもそもならないために気を付けることはどういったものがあるのでしょう。遺伝など先天的なものは回避出来ない場合もありますが、後天的なものは日々の習慣の中である程度抑えることが出来るものもあります。

その代表例が上にも書きました舌癖ではないでしょうか。本来の舌の位置に来るように、舌のトレーニングをすることで必要以上に歯列が外側に出ることを回避することが出来ます。また舌の筋肉が正常になることで、歯が内側に倒れ込んでくるのを抑えることにもつながります。この舌トレーニングは矯正専門医でよくやっていて、矯正治療後の後戻りをある程度抑えることにもつなげています。

では歯科医院に行かずに誰にでも出来ることは何かというと、やはり丁寧な歯磨きではないでしょうか。歯磨きと歯並びは一見関係ないように思えます。しかし実は長い目で見ると影響が出てきます。

もし歯磨きをおろそかにして虫歯(齲蝕)になったとします。虫歯はやがて歯周病などもっと大きなトラブルへとつながり、最終的に抜歯につながってしまいます。歯が抜けてスペースが出来ると隣接歯はそのスペースに倒れ込んでしまいます。歯が抜けたスペース自体見た目に問題ですが、横の歯まで巻き込んでしまうということも実はあるのです。またブラックトライアングルについても書いたことがありますが、磨き残しから歯肉の後退が進み、ブラックトライアングルが目立ってしまうということがあります。これは現在歯並びが綺麗な方にも当てはまることで、意外に知られていないことかもしれません。

また抜歯までいかなかったとしても、例えば奥歯に歯周病が出来たり、重度の虫歯が生まれてしまうと咀嚼(食べ物を噛む)する際に奥歯の機能を前歯でカバーしようとしてしまいます。奥歯は本来食べ物をすり潰す機能を持っています。これを前歯で行おうとすると、水平方向に必要以上に顎を動かし、顎関節に問題を生じてしまう可能性があります。また強く噛みすぎることから段々と前歯が外側に倒れて上顎前突の原因になる可能性もあります。

いかがでしょうか。意外に歯磨きが歯並びへ影響を与えることがお分かりいただけたかと思います。ただ今回は脅かすつもりで書いているわけではありません。本来矯正治療は長く自分の歯を健康に保つということも大きな目的の一つです。歯並びを治すことで歯磨きがしやすくなり、虫歯になりにくくなったということも良く聞きますが、矯正治療以前に日々の歯磨きをすることは、子供、成人関係なく大切なことです。一人でも多くの方が健康な歯を保ち、毎日の食事を楽しめるようになればと思っています。

 

2016.08.10

歯並びへ影響を与える舌癖

こんにちは。

メープル矯正歯科の山口です。

歯並びが悪くなる原因というのは先天性のものから後天性のものまで様々です。今日は後天性の方にあたる舌癖についてご紹介したいと思います。

歯というのはとても弱い力で動いていきます。歯列矯正はこの性質を利用して動かしていくわけですが、逆に日々の口腔内の癖によっても歯を動かしていってしまいます。その代表格にあたるのが舌癖です。字の通り、舌の癖のことですが、どういったものかを見ていってみましょう。

普段リラックスしてテレビを見ているとき、あるいは本などを読んでいるときに舌の位置はどこにありますか?今日ご紹介する舌癖は普段の何気ない状態のときの舌の位置を確認することで判断することが出来ます。

本来舌の正しい位置というのは、上顎の歯の根元部分(スポット)に舌の先が軽く触れている状態です。



正しい位置に舌がない場合、唾を飲み込む際に上下の歯の間に舌が入っていったり、外に出てしまう癖がある人もいます。飲み込む際に舌がこのように外に出ようとすると、歯列を外側に押し出そうとする力が加わっていきます。これが舌癖です。

舌癖になると、歯に余計な力が加わりますので、上顎前突など口元が外に出る不正咬合になりやすかったり、隙っ歯があると特にその部分に舌が入っていくため、隣接している歯が捻転(ねじれ)たり、叢生(デコボコ、乱ぐい歯)になりやすいなど、不正咬合の大きな原因の一つとなります。オープンバイト(開口)の症状もある場合は、唇で歯列を抑える力が弱いため、更に不正咬合が悪化してしまうリスクもあります。また不正咬合だけでなく、サ行やタ行の発音に障害が出やすくなるのも問題です。

 

舌癖の原因も実は様々で、遺伝の場合もあれば、小さいころからの指しゃぶり、あるいは鼻炎からくる口呼吸などがあります。矯正治療では、舌トレーニングなどを行い、舌の癖の改善も同時に行っていきます。歯並びだけ綺麗に治しても、歯並びが悪くなった原因を解決しないと、また後戻りしてしまうためです。

小児矯正の場合、こういった癖は成人より比較的治しやすいため、早めのチェックがお勧めです。歯列が悪化する前に歯並びだけでなくこういった癖にも目を向けていただければと思います。

 

2016.07.21

インフォームドコンセントについて

こんにちは。

メープル矯正歯科の山口です。

今日はインフォームドコンセントについてお伝えできればと思います。

「インフォームドコンセント」とは自分が受ける治療について、本人がしっかりとその治療内容を知る権利があるということから生まれた考え方で、医療現場から広がってきたものです。われわれ矯正医ももちろんですが、医療従事者がしっかりと患者さんに治療方針、内容を説明し、その内容にご理解いただいたうえで治療を進めていくというものです。

このインフォームドコンセントを大切にしようということが矯正専門医においても広がってきていて、特に歯科の中でも患者さんと長くお付き合いすることから矯正歯科で大切にされ始めています。

実は少し残念なことではありますが、矯正治療におけるトラブルも起きてきているようです。特に、インビザラインのようなマウスピース矯正や裏側矯正(舌側矯正、リンガル)など特別な技術や経験を要する治療の場合、途中で歯並びを治せなくなってしまったというケースが出てきています。見えない矯正治療は患者さんにとってとても大きなメリットです。そのため、こういった治療方法を選択する方も増えてきていると同時に、歯科医院として単なる患者さん集めの道具となってしまっていることがあるので、しっかりと見極める必要があります。

今回インフォームドコンセントをテーマにしたのは、こういったトラブルの多くが、矯正治療開始前にしっかりと話すことで回避出来ることが多いからです。矯正医と患者さん、あるいはその家族を含めてしっかりと治療方法について話し合い、どういったリスクがあるかも含めてお互いに理解する必要があります。

矯正治療は虫歯治療とは違い保定装置期間を入れると年単位の期間が必要です。その間、骨の成長など計算だけでは測れないものも影響します。非抜歯での矯正治療を計画したとしても、患者さんの不正咬合と噛み合わせの状態によっては後から抜歯が必要になる場合もあります。そのため尚更インフォームドコンセントという考え方が大切になるのです。

メープル矯正歯科では矯正の始まりから終わりまで安心して治療できるよう、治療開始前は特にコミュニケーションをとっていきたいと思っております。また治療が始まった後も気になることが出てきたらいつでも矯正医、スタッフに相談していただきたいと思います。

2016.07.12

アンカーインプラントを用いた歯列矯正治療とデンタルインプラントの違い

こんにちは。

メープル矯正歯科の山口です。

今日は矯正治療とデンタルインプラントの違いについて少しお伝えしていこうと思います。

歯並び、噛み合わせを改善する際に、「インプラントで治療できますか?」という問い合わせを受けることがあります。少し詳しく聞くと、超短期間でインプラントでの歯列改善が出来るという情報からの問い合わせだったようでした。

恐らく矯正治療とインプラントを混同している場合、デンタルインプラントのことを指しているのだと思います。デンタルインプラントというのは、顎の骨(歯槽骨)に人工の歯根を植立し、そこにセラミックなどの人工歯を入れることです。もともと、齲蝕(虫歯)や歯周病から歯を抜くことになり、抜歯した隙間に人工歯を入れることでしっかりと食事が出来る状態にすることを目的にしています。デンタルインプラントで歯列改善となると、場合によっては健康な歯を抜歯し、そこに人工歯を入れることで超短期間で歯並び改善するというものになります。

それに対し歯列矯正は、健康な歯を健康な状態のまま動かしていき、咬み合せを含めた治療を行っていくものなので、歯列矯正とデンタルインプラントは全く違うものになります。基本的に非抜歯での治療を目指しますが、100%非抜歯で出来なこともあります。しかし矯正治療における抜歯は、歯を並べるスペースを確保するため、あるいは矯正治療後の安定も考えての場合になります。

ちなみに矯正専門医でいう「インプラント矯正」というのは、歯を動かす際に引っ張る側の支えとなる軸(アンカー)を植立し、そこを基準に歯を動かしていくという治療のことを指します。インプラントアンカーとも呼ばれますが、とても小さなネジを歯茎に植立し、そこからゴムやコイルを使って歯を動かします。メリット、デメリットそれぞれありますが、比較的治療期間短縮や、本来動かしたくない歯をそのままに治療しやすいということで、最近増えてきています。

どちらが正しいということは言えませんが、矯正専門医の視点で考えると、歯並び改善治療というのは、歯並びを綺麗にするだけでなく、日々の食事の際の咀嚼機能改善、あるいは長く自分の歯で生活していけることにつながる健康面など、総合的に治療していくものです。単に見た目だけ並んだように見えて、咬合関係の改善がされていない場合、顎関節症などの様々なトラブルへと発展する可能性がありますし、できる限り検査、診断を正確にし、患者さん個々にあった治療を提供していきたいと思っています。

 

2016.06.29

隙っ歯(空隙歯列)・正中離開

こんにちは。

メープル矯正歯科の山口です。

 

 

今日は様々な不正咬合のうち、空隙歯列、正中離開についてご紹介したいと思います。

 

空隙歯列(くうげきしれつ)に関してはあまり馴染みがないと思いますが、一般的には隙っ歯と呼ばれている症状です。歯と歯の間に隙間が出来ている状態です。また特に前歯の中心に隙間が出来ているものを正中離開(せいちゅうりかい)と呼びます。現代の食生活から顎の発達が遅れ、歯が並ぶスペースが足りずに叢生(デコボコ、八重歯、乱ぐい歯)になる方の方が比較的多いのですが、部分的にも空隙歯列になっていることもあります。原因はまた色々とありますが、今回はこの正中離開についてと、空隙歯列の弊害についてお伝えしようと思います。

 

正中離開(せいちゅうりかい)とは

正中離開とは上に書いた通り、前歯の間に隙間が出来ている症状です。ちなみに前歯二本の間のことを正中(せいちゅう)、正中線(せいちゅうせん)と呼びます。正中離開の原因はいくつかあります。まず、前歯の付け根部分から唇までつながっている上唇小帯(じょうしんしょうたい)と呼ばれる粘膜が通常以上に発達し、前歯の間を引き離してしまうことが原因としてあります。

またあまり症例としては多くはありませんが、黄色の点線の歯で示すような正中過剰埋伏歯(せいちゅうかじょうまいふくし)と呼ばれる本来ないはずの余分な歯が歯茎の中に埋まっていることがあります。この正中過剰埋伏歯が前歯に力を加え、正中離開につながっていることがあります。正中過剰埋伏歯に限らず、過剰埋伏歯と呼ばれる本来必要ない歯は、痛みなどの自覚症状はないケースが多く、レントゲンなどで見つかるということがほとんどです。万が一正中過剰埋伏歯が原因での正中離開だった場合は、正中を揃えるだけでなく、過剰埋伏歯を抜歯するところから治療する必要があります。




正中離開、空隙歯列の弊害

正中離開を含む空隙歯列の問題点は、まず見た目ではないでしょうか。ニコっと笑った際に隙間があるのとないのではだいぶ印象が変わってきます。特に正中離開は歯列の真ん中に隙間があるので結構目立ちます。見た目以外の弊害で考えると、必要以上に空気が漏れてしまうことから発音の問題が生じます。英語の発音にも大きく影響を与えてしまうため、留学や海外転勤前に矯正治療を受ける方もいらっしゃいます。また隙間がある分磨き残しリスクが高まり、齲蝕(虫歯)から歯周病へとつながる可能性があります。




 

乳歯列期における歯と歯の間の隙間に関しては、永久歯に生え替わることで綺麗に埋まることもあります。そのため、隙っ歯だからといって慌てる必要はありません。過剰埋伏歯なども含めて、患者さんの状態をしっかりと検査してから診断、治療していくことが大切です。

2016.06.03

成人の矯正治療が増えてきている

こんにちは。

メープル矯正歯科の山口です。

今日は矯正治療を受ける人で成人の方の割合が上がってきているというお話です。日本橋エリアのメープル矯正歯科では、立地的にももちろんですが、見えない裏側矯正(舌側矯正、リンガル)での矯正治療も行えることから、成人の患者さんはもともと多い方だと思います。街に出てみても最近は大人の方がブラケット(矯正装置)を付けているのをよく目にします。

少し前のデータになりますが、日本臨床矯正歯科医会が行った調査を見てみると実際の割合の変化がわかってきます。

・18歳以下:75%(1998年)⇒68%(2003年)

・18歳以上:25%(1998年)⇒32%(2003年)

10年以上前のデータなので、今とは差が出てきているのは間違いないと思いますが、ここ10年で矯正装置と矯正専門医の技術革新(見えない裏側矯正や、インビザラインの様なマウスピース矯正)があるので、更に成人の割合は増えてきているのは間違いないと思います。矯正治療中の見た目がこれまで大きなハードルの一つでしたが、これにより今は全く問題にならなくなったため、成人の方にとっても歯列矯正はどんどん身近になってきています。

 

次に男女比に関して見てみます。

・女性:80%(1998年)⇒74%(2003年)

・男性:20%(1998年)⇒26%(2003年)

微増ではありますが、男性の患者さんが少しずつ増えてきているのがわかります。この要因として考えられるのが、発音の問題と第一印象の問題ではないでしょうか。海外とのお仕事をされている方が英語の発音を改善するためにメープル矯正歯科にも来られます。また営業などの第一印象の影響を考えて歯並びを改善したいという方も多くなってきています。



成人女性は美に対する意識が強いため、矯正治療する人は多いのですが、でも実際は成人男性こそ矯正治療が必要です。ただ成人男性は、矯正治療を勧めてみても、矯正治療なんていまさら・・・と思い込んでいる人が多く、矯正治療を希望しない人がまだまだ多いのが現状です。虫歯や歯周病の治療等で歯医者に対してネガティブなイメージも持っているのかなとも感じます。

補綴物(かぶせもの、さし歯等)が多い方に対しては、矯正治療と組み合わせた一般歯科治療ができれば、総合的により質の高い治療ができ、咬み合わせも良くなり、その後の歯の予後も良くなると思います。矯正治療を抜きに一般の歯科治療だけでは
、症状だけを緩和する苦し紛れの処置でしかありません。なぜ矯正治療が必要であるかということについてですが、単に歯が痛いからそこだけを治すことではないからです。痛みの原因に関しては、口の中全体の噛み合わせに原因があることもあります。



矯正はただ単に歯並びがよくなって、見た目が良くなるだけではないんです。歯磨きしやすい環境になり、歯だけでなく、周りの組織も健康になります。その他にも噛み合わせのバランス、発音の改善などもあります。矯正治療とは、歯の健康を取り戻し、結果として歯の寿命を延ばす治療です。

最後に成人の場合の年齢別内訳を見てみます。

・18~39歳:90%(女性73%、男性27%)

・40~59歳:9%(女性87%、男性13%)

・60歳以上:1%(女性72%、男性28%)

比較的若い成人の方が矯正治療を受ける割合が高いことは予測がつきましたが、10人に1人の割合で40歳以上の方というのには驚きました。 

矯正治療を受けられる方の主訴は色々ですが、一昔前と比べて矯正治療が成人の方にとってもより身近になってきているということは間違いなさそうです。上に書きましたが、裏側矯正など治療期間中の心配ごとも解決されてきています。またお仕事によって治療中に全く見えないことを優先したいのか、あるいは少し見えてもトータルの治療期間を短くしていきたいのか、など様々な要望があります。メープル矯正歯科ではそういった生活サイクルもしっかりと相談に乗ったうえで最良の矯正治療の計画を立てていきたいと思っています。