BLOG|矯正の本音

矯正歯科に関する正しい知識や情報のご提供、医院の活動のご報告などを連載していきます。

2017.01.27

矮小歯はすぐに治療が必要か?

こんにちは。
メープル矯正歯科の山口です。

今日は「矮小歯はすぐに治療する必要があるか」、ということに関して考えていきたいと思います。

そもそも矮小歯に関してはあまり知られていないかもしれません。「わいしょうし」と読みますが、極端に歯が小さく、形態も違う状態(通常はシャベルのような形をしていますが、円柱状の形が多い)を指します。たまに学校などの歯科検診の際に矮小歯と診断されて驚かれる方もいらっしゃって、すぐに治療しなくてはいけないものですか?と相談を受けることがあります。







矮小歯の原因は大体が遺伝などの先天的なもので、ビタミンDの不足が考えられています。現代人は軟らかいものを食べるようになり、顎の骨も小さくなってきているため、これに合わせて歯が小さくなってきているという説もあります。大体矮小歯になる歯は、前歯(真ん中から2番目の前歯が多い)か、智歯(親知らず)で、前歯が矮小歯になると見た目(審美面)にも問題が出ています。

この矮小歯ですが、すぐに治療しなくてはいけないかというと必ずしもそうとも限りません。

先に矮小歯の問題を見てみると、上に書いたようにまず見た目です。ただ親知らずが矮小歯の場合、あまり見た目は関係ありません。次に考えられる問題としては不正咬合、特に隙っ歯です。前歯が矮小歯だと通常の歯と比べると小さいため、隣の歯との間に隙間が出来やすく、更に磨き残しが生まれやすいことから齲蝕(虫歯)リスクが考えられます。また歯の幅が小さいため、上下の歯の噛み合わせバランスにも問題がある為、咀嚼機能の低下、そして変な噛み癖がつくことから顎関節への悪影響がうまれ、顎関節症へつながってしまうこともあります。

問題を見てみると治療の必要性に焦ってしまうかもしれませんが、顎の骨に合わせて歯のサイズが小さかったという場合は隙間もなく自然というケースもゼロではありません。そのため、問題になっているか、今後の歯並びや噛み合わせ、虫歯などのリスクが考えられるかを正確に見ていき判断すればと思います。

そのうえで治療が必要になった場合はいくつかのアプローチがあります。

レジン(専用の接着剤)やセラミックなど被せ物を使用して歯のサイズを上げ隙間を埋める治療があります。治療自体にそれほど時間がかかるものではないのですが、長い目で見ると定期的なメンテナンスは必要になります。また隙間を埋めても上下の歯のバランスが治っていないと結局、顎関節まで問題がつながってしまいます。




矯正治療の場合は歯並びを上下の噛み合せを整えていくため、上記の治療とは違って長く安定した咬合を手に入れることにつながります。

矮小歯自体すぐに治療が必要ではないかもしれませんが、不正咬合の原因や顎関節の問題へとつながるリスクを考えると矯正治療が必要になる場合もあります。あくまでしっかりと検査し、判断していくのがベストだと思いますので、気になる場合は矯正専門医に相談してみてはいかがでしょうか。

2017.01.26

舌の筋肉

こんにちは。
メープル矯正歯科の山口です。

今日は舌の筋肉について少し見ていこうと思います。

以前舌癖について書いたことがありますが、歯並びは舌の力にも影響を受け、場合によっては不正咬合の原因にもなります。もちろん唇の筋肉にも影響を受けるため、舌と唇の筋肉バランスも近年重要視されるようになってきました。

今回は舌癖だけでなく、筋肉全体にもう少し視野を広げてお伝えできればと思います。

まず、当たり前のことですが、舌にも筋肉があります。この筋肉は生まれてから機能しはじめ、成長とともに発達してきます。生まれた瞬間から呼吸のために使われはじめ、ほぼ同時に母乳や唾液を飲み込むためにも使われます。



また泣き声を上げたり、声を出せるようになると更に筋肉は頻繁に使われ、段々成長すると共に舌で音を鳴らしたり舌遊びをする中でまた強くなってきます。

更に固形物を食べられるようになる頃には、咀嚼した食べ物を喉の奥へと送り込む機能も果たします。



このように本来自然と発達し、筋肉も強くなってくるのですが、軟らかいものしか食べないなどの生活習慣から、舌の筋肉の発達が遅れてしまうことが近年よく見られます。

舌の筋肉の発達が進まないと食べ物を飲み込む力も弱く、食事に時間がかかり始めます。また発音も切れのある音を発することが出来なくなってしまいます。これが当たり前の状態になっていると、本来上あごについている舌が下に降りてきます(低位舌)。



舌が降りてきている状態(低位舌)でまず生じる弊害は気道が狭くなることです。気道が確保されなくなると口呼吸になります。口呼吸になると食べ物を飲み込む際に舌は外に押出よう(嚥下癖)として、下顎前歯を押してしまい、下顎前突(受け口、反対咬合)やオープンバイト(開咬:前歯が咬んでいない)などの不正咬合につながります。





また口呼吸になると口腔内は乾燥します。乾燥すると唾液による自浄効果も下がり、齲蝕(虫歯)などの原因にもなってしまいます。

舌癖が不正咬合の原因の一つとなっていることはだいぶ多くの方に認識されてきましたが、舌癖のさらなる原因として軟らかいものばかり食べる習慣ということはまだあまり知られていないかもしれません。また不正咬合だけでなく、上に書いたように虫歯などの衛生面の問題へもつながってきます。



食べ物を良く噛むことは様々な面で大切です。最近では脳の発達も影響していることもわかってきました。毎日の食事が、不正咬合だけでなく健康まで含めて関係してくることが少しでも伝われば幸いです。

2016.12.27

オーバージェットとオーバーバイト

こんにちは。

メープル矯正歯科の山口です。

今日は前回の叢生(デコボコ、乱ぐい歯)と空隙(隙っ歯)に引き続き、オーバージェットとオーバーバイトの実態についてご紹介していきたいと思います。こちらも厚生労働省が行った歯科疾患実態調査からです。



■オーバージェット



前歯の前後関係をオーバージェットといいます。通常少しだけ上顎前歯が下顎前歯よりも前に出ています。この上顎前歯が4㎜以上下顎前歯より前に出てくると、麺類を食べるときなど、前歯で噛み切ることが少し難しくなってきます。中には6㎜以上という患者さんもいて、上顎前歯の歯頚部と、下顎前歯の先端で食べものを噛む癖のついてしまっている方もいらっしゃいます。

4㎜以上:71名 (うち27名が6㎜以上のオーバージェット)

(対象12歳~20歳 209名)

約3分の1の方がオーバージェットの数値が高いことがわかります。日本人の場合、上顎前突(出っ歯)の患者さんも多いため、確かにこの数字通りの気がします。上に書いたように、食べ物を噛み切る機能が前歯にあり、それがうまくできない場合他の部分を使って咀嚼しようとします。場合によっては顎を水平方向に動かすことで噛み切ろうとします。これが続くことで顎関節症などにつながるリスクもある為、早めの検査が必要になります。


■オーバーバイト

オーバーバイトというのは上下の噛み合わせの度合いを指します。これもオーバージェット同様、少しだけ上顎前歯が下顎前歯に被さる形になっているのが正常です。原因は様々ですが、下顎が見えなくなるほど深く被さっている患者さんもいらっしゃいます。通常以上に深く被さっている状態を過蓋咬合(ディープバイト)と呼び、逆に被さっていない場合を開口(オープンバイト)といいます。

・ディープバイト

4㎜以上:35名


・オープンバイト

‐0.5㎜以上:9名

‐4㎜以上:3名

(対象12歳~20歳 194名)

ディープバイトと比べてオープンバイトの方が症状としてはわかりやすく、歯列矯正治療を受けに来られる患者さんは多いかもしれません。しかしディープバイトは結構上に書いたように上顎歯頚部に歯が当たり続けるため、歯周病などの様々な弊害へと発展していきます。

矯正治療というのは、顎の骨、噛み合わせ、歯並び、歯の状態など様々な角度から検査、診断していきます。今回のオーバージェット、オーバーバイトもそうですが、これに叢生が加わっているなど、患者さんによっては不正咬合が一つとは限りません。それぞれの状態を正確に判断すること、そしてそれぞれの原因をしっかりと把握することが、矯正治療においてとても大切になりますので、気になる方は矯正専門医に相談してみてください。







 

2016.12.24

叢生と空隙

こんにちは。

メープル矯正歯科の山口です。

今日は歯科疾患実態調査(厚労省)から、叢生と空隙について考えていきたいと思います。歯科疾患実態調査は厚生労働省が行っている調査で、様々な歯科に関する情報が提供されています。

今回ご紹介するのは、叢生(歯の凸凹)と空隙(すきっ歯)の有無をチェックしたもので、そこから見えてくるものがあります。調査対象は12歳~20歳の永久歯の方です。

 
■叢生

叢生は乱ぐい歯や八重歯とも言われ、歯がデコボコしている不正咬合のことです。本来綺麗に並ぶスペースがないことが原因で歯が前後に並んでしまったり、捻じれて(捻転)しまうことで凸凹になってしまいます。

 叢生なし:56名

上下叢生あり:13名

上顎のみ叢生あり:15名

下顎のみ叢生あり:16名


■空隙

空隙は隙っ歯とも呼ばれ、歯と歯の間に隙間が出来ている不正咬合です。食べ物の残りが挟まりやすく、齲蝕(虫歯)リスクなどが気になるところです。原因としては遺伝、歯が小さい、歯周病で歯が抜けてしまったなど色々とあります。

 空隙なし:87名

上下空隙あり:1名

上顎のみ空隙あり:7名

下顎のみ空隙あり:5名

 この二つの不正咬合のデータを見てみると日本人は歯の並ぶスペースが足りていない傾向がわかります。二人に一人叢生がみられるというのは結構な数字ではないでしょうか。先に書いた通り、叢生は顎の成長がうまく進まないなど、歯が並ぶスペースが足りないことで起きます。更にその原因としては軟らかいものばかり噛む生活習慣であったりします。

叢生の治療方法としては、どうやって歯が並ぶスペースを確保するのかがキーになります。抜歯、大臼歯の後方(遠心)移動、歯列弓(アーチフォーム)の拡大などです。できる限り非抜歯での治療を選択するためには大臼歯の遠心移動と歯列弓の拡大になりますが、確保できるスペースの限界があります。中には歯の側面を少しずつ削ってスペースを作ることもできます。

ただ、安全にと考えると、永久歯になる前に顎の成長具合を確認し、子供のうちから顎の成長を促す矯正治療を行うことが大切ではないかと思います。どのタイミングがベストかということは患者さん個々に違うため一概には言えませんが、比較的非抜歯での治療の可能性を上げることはできます。

ぜひ早い段階で矯正専門医に相談して、検査してみていただければと思います。

 

2016.11.29

補綴物があっても矯正治療できるか?

こんにちは。
メープル矯正歯科の山口です。

今回は成人の矯正治療でよく受ける、「補綴物があっても矯正治療できますか?」という質問にお答えします。

先にお答えすると、補綴物があっても矯正治療はできます。

順にご説明していきましょう。

そもそも補綴物とは、齲蝕(虫歯)などで削った穴をカバーしているもの(歯の人工的な詰め物や被せ物の冠)を指します。ちなみに「ほてつぶつ」と読みます。補綴物には色々な材質のものがあります。一番身近でイメージしやすいのが銀歯ではないでしょうか。審美的に選択されている白いものは「インレー」とよばれ、セラミックなどでできています。虫歯で削る部分がほんの少しの場合は、レジンと呼ばれる接着剤のようなもので埋めます。逆に重度の虫歯で神経まで到達していた場合は、「クラウン」と呼ばれる被せ物で穴をカバーします。


削った歯は自然にもとに戻ることはありません。そのため一旦削ると補綴物が壊れない限りずっと付き合うことになります。歳が上がるとこういった虫歯の治療の経験が増えてくるため、補綴物が口腔内にあり、矯正治療できるかという疑問がわいてきます。


補綴物があっても矯正治療はできますが、難易度は少し上がります。

①ブラケットの接着の問題
もともとの自分の歯と比べてブラケット(矯正装置)は接着しづらく、矯正治療途中で脱離してしまう可能性が少し高くなります。そのため、補綴物の表面を少しだけ削り、ザラザラにしてブラケットを接着します。歯並びが綺麗になり、ブラケットを外した後に補綴物の表面を綺麗に処理します。ちなみブラケットが脱離した場合は飲み込まないように注意し、矯正専門医のところに持っていくようにしましょう。万が一、ブラケットを飲み込んでしまった場合ですが、基本的に体に害はないので、ご安心ください。

②マージンライン
歯茎のラインのことをマージンラインといいます。補綴物は不正咬合であったとしても現状の歯に合わせて造られます。そのため、歯列矯正をして歯が動くことでマージンラインと補綴物の間に隙間ができることがあります。この隙間がまた虫歯リスクにつながる為、矯正治療後に再度補綴物を作り直すのも良いと思います。

今回は補綴物について書きましたが、本来は虫歯もなく自分の綺麗な歯で一生過ごすのが良いですよね。最近は虫歯予防や健康のことを考えて歯列矯正治療を受けられる方がどんどん増えてきています。そもそも補綴物のお世話にならないよう、不正咬合による齲蝕、歯周病リスクを下げて、いつまでも美味しく食事していけるお手伝いが出来ればと思います。

2016.11.17

プラークコントロールについて

こんにちは。
メープル矯正歯科の山口です。

最近矯正歯科治療を受ける目的の一つに、歯の健康を考えられる方が増えてきています。叢生(凸凹、乱ぐい歯、八重歯)などの不正咬合だと磨き残しが齲蝕(虫歯)につながってしまうことも認知されてきました。それと同時に矯正治療中のブラッシングの大切さもご理解いただける患者さんも増えてきています。また、矯正治療後の安定、口腔内健康維持の観点からもプラークコントロールの大切さが注目されてきています。そこで今日はプラークコントロールについてお伝えしていこうと思います。

プラークとは歯についたネバネバしたもので、その正体は細菌です。プラークコントロールとはこの細菌を除去することを指しますので、日々のブラッシングだけでなく、歯科医院での処置、更には食事の改善も含みます。

このプラークを放っておくと酸や毒素を生み出し、齲蝕(虫歯)や歯周病へと発展してしまいます。せっかく歯並びが綺麗になっても歯周病で歯が抜けてしまうと元も子もありません。

①丁寧な歯磨き デンタルフロス

まず大切なことは日々の丁寧な歯磨きです。歯の間に残る食べかすも取る為にデンタルフロスの使用なども重要です。夕食後に歯磨きをして、寝る前に少しだけ甘いものを食べる、あるいはソフトドリンクを飲んだ場合でも、そのあと歯磨きはしたほうが良いでしょう。プラークは肉眼で見えないうちから存在します。そのため、口をゆすぐ程度では取り除くことが出来ません。

 

②歯科医院でのプラークコントロール

歯科医院でのプラークコントロールは、まずこの目に見えないプラークをプラークテスターと呼ばれる色のつくもので見えるようにします。見える状態にしてから専用のブラシで取り除いていきます。市販の歯ブラシとは違うので、最も除去できるのが歯科医院での口腔内ケアになります。

 

③食事

完璧にすることはできませんが、できる限り粘着性のものや、軟らかいものばかりではなく、繊維質の野菜などを食べるようにするのも効果があります。ただ、繊維質のものは歯と歯の間にも挟まりやすいので、やはりデンタルフロスなどを使用したほうが良いでしょう。また糖分の多いものや、甘いジュースなども適度にしたいものです。


始めに書いた通り、最近は歯の健康について意識の高い方が増えてきているのはうれしいことです。矯正専門医は歯並びや噛み合わせを改善して美しくするだけでなく、口腔内全体の健康を考えています。8020運動にもありました通り、達成者に重度の不正咬合がいなかったというのはこういったプラークコントロールのしやすさにも大きく影響していたりします。ぜひ日々のクリーニングに意識を向けて、健康な歯を永く維持していって頂ければと思います。

2016.10.29

顎間ゴム(エラスティック)

こんにちは。
メープル矯正歯科の山口です。

今日は多種多様の矯正材料の中でも「顎間ゴム(エラスティック)」についてご紹介したいと思います。

矯正材料には様々な種類があり、多くの場合歯に直接つけるブラケットとワイヤーをイメージされるのではないでしょうか。

ブラケットは矯正治療中の見た目に関して直接影響を与えるため、白や透明のブラケットでの治療、あるいは全く見えない裏側矯正(舌側、リンガル)のような装置に注目されるのではないかと思います。更に最近はマウスピース矯正(インビザラインなど)も普及してきているので、実際歯を動かす装置イコール矯正装置というイメージが強くなってきています。



矯正装置は上顎前突(出っ歯)、下顎前突(反対咬合、受け口)など症例に合わせて使う装置もあり、中にはヘッドギアなどを見たことがある方もいらっしゃるかもしれません。矯正装置は大きく二つに分けることが出来ます。一つはブラケットのように一度つけたら患者さんの意思で取り外しをしないもの。そしてもう一つは患者さん自身が取り外しをするものです。ヘッドギアは患者さん自身が取り外しをするものに分類されます。

その患者さん自身が取り外しする装置の中で、今日ご紹介する顎間ゴム(エラスティック)というものは、多くの患者さんが関わる可能性の高いものの一つです。

言葉の通り、顎と顎の間のゴムということなのですが、上顎と下顎の間に小さな輪ゴムを掛けて噛み合せを改善するものです。ワイヤー、もしくはブラケットにフックと呼ばれる小さな突起があり、そこにゴムを掛けることで治療します。顎の前後のズレを治したり、抜歯空隙(隙間)を閉じるためにコントロールしたり、ゴムの強さと大きさに様々な種類があり、症状に合わせて矯正専門医が選択し、患者さんにつけてもらうものです。

この顎間ゴム(エラスティック)のような患者さん自身が取り外しするものは、実はとても大切で、ゴムの強さや掛ける位置もすべて計算されています。そのため、「今日は付けないで寝ちゃおう」といって、使わないことがあると、その分歯と顎の動きが遅くなり、矯正治療全般に悪影響となり、治療期間が長くなってしまいます。

比較的成人の患者さんの場合だと、顎間ゴム(エラスティック)をちゃんと計画通り使用されることが多いのですが、小児矯正の場合だと親御さんがしっかりと使用確認をする必要があります。実際とても小さなゴムなので、数日使わなくても問題なさそうに見えますが、毎日の習慣が治療に大きく影響するため、必ず使用するようにしましょう。もちろんマウスピース矯正にも同じことが言えます。

今回、顎間ゴム(エラスティック)について書きましたが、お伝えしたいことはしっかりと矯正装置を使用しましょうということだけでなく、少しでも早く計画通りに矯正治療を終えていけるように情報発信していきたいと思うからです。歯列矯正治療は一瞬で終わる治療ではありません。患者さん、ご家族の方、そして矯正専門医とスタッフ、みんなで協力しながら最大限の治療効果を短い期間で手に入れていきたいと日々考えています。