BLOG|矯正の本音

矯正歯科に関する正しい知識や情報のご提供、医院の活動のご報告などを連載していきます。

2018.02.28

矯正治療前の精密検査について

こんにちは。
メープル矯正歯科の山口です。

矯正治療には主に動的治療期間と保定装置期間があることはご存知かもしれません。動的治療期間は歯にブラケットを装着し、実際に歯を綺麗に並べていく期間です。保定装置期間は綺麗に並んだ歯列をもとに戻らないように固定し、長く綺麗な歯列を安定させるための期間です。


実はこの二つの期間の前に重要なステップがあります。

それは「相談」と「精密検査」です。

■相談
不正咬合が気になる患者さんが矯正医院に初めて行くと、まず「相談」というステップがあります。現状の不正咬合の状態を簡単に確認したり、費用や治療方法について気になることを矯正医に確認することが出来ます。最近は裏側矯正(リンガル、舌側矯正)やマウスピース矯正(インビザライン)などの見えない矯正治療を行う歯科医院も増えてきていますので、治療方法の選択が出来るのかを確認することもできます。
またこのステップでは、矯正医や衛生士などのスタッフとコミュニケーションが取りやすいかどうかという点も重要です。矯正治療はある程度の期間治療をすることになりますので、途中で生まれた疑問点や心配事などが出てきたときに、しっかりと相談してもらえるか、ということも重要になります。

■精密検査
次のステップに進むと精密検査があります。精密検査では、レントゲンなどを使い、外から見えない歯根の状態や歯列全体、顎の骨の状態なども含め、できる限り不正咬合の原因を明確にしていきます。また場合によって石膏模型を制作し、噛み合わせの確認をすることもあります。不正咬合の原因と噛み合わせを含めたトータルの状態を正確に判断することで、治療方法を検討していくことになります。
例えば前歯だけが軽い捻転(ねじれ)の患者さんがいたとします。前歯だけ簡単に真っ直ぐ治して終わりというイメージの患者さんも多いのですが、捻転の原因として歯が並ぶスペースがないということがほとんどです。叢生(凸凹、乱杭歯、八重歯)に関しても同じことが言えます。歯が並ぶスペースを確保する必要が出てくるため、奥歯を後方に移動する場合、歯列全体を広げる場合など、治療方法も変わってきます。

このように精密検査では顎、歯列全体、そして歯根などの中の方まで確認して診断し、治療方針を検討していくことが重要になるのです。

この検査と石膏模型製作は虫歯治療のように保険適応にならないため、費用がかかりますが、とても重要なステップとなり、この精密検査を行わないと治療期間、費用を正確にお伝えすることが出来ないことをご理解頂ければと思います。

2018.02.23

矯正治療中の痛みについて アーチワイヤー

こんにちは。
メープル矯正歯科の山口です。

今日は矯正治療中の痛みに関して、材料の観点からお伝えしていこうと思います。

矯正治療を受けたいと考えている方が懸念されていることの一つに「痛み」があります。歯を動かすには、歯にブラケットと呼ばれる矯正装置を接着し、そのブラケットに歯列の形をした細いワイヤーを付けて治療していきます。このワイヤーは金属でできているため、歯列の形に戻ろうとします。矯正治療はそのもとに戻ろうとする力を利用して歯を動かしていきます。

一昔前の矯正治療は、このワイヤーの材質がステンレスでできているものしかなく、また技術的にもそれなりの太さがあったため、大きな力を歯に加えていました。そのため痛みが出てしまうということが起きやすかったのです。

近年材質が向上し、さらにかなり細いワイヤーが作られるようになりました。チタンとニオビウム合金でできたワイヤーが登場したあたりからかなり痛みが軽減できるようになってきました。

この合金はもともと宇宙工学で生まれた材質で、とても弱い力で元の形状に戻ろうとする性質を持っています。またその細さは、なんと0.3㎜ほどからあります。

この材質の技術向上は、痛みの軽減だけでなく歯根吸収リスクを下げることにもつながってきました。歯根吸収の原因はさまざま考えられていますが、その一つに必要以上の力が歯周組織に加わることで起きることがわかっています。

この細くて弱い力のワイヤーを、叢生(凸凹、乱杭歯)など不正咬合が激しい矯正治療初期段階で使用することで、痛み、歯根吸収リスクを軽減できるようになったのです。

患者さんによって痛みの感じ方は違いますが、少なくとも一昔前の「矯正治療=痛い」というイメージはだいぶ変わってきている現状があります。

矯正治療期間は年単位の時間が必要になります。その治療中のストレスが少しでも下がるよう、材料、そしてもちろん矯正治療の技術を上げていけるよう毎日治療にあったっています。

心配なことなどがありましたらお気軽に相談頂ければ幸いです。

2018.02.01

成人の矯正ならではのメリット

こんにちは。
メープル矯正歯科の山口です。

今日は成人の方の矯正治療における意外に知られていない「主体性」という観点をご説明していこうと思います。

ここ数年成人の方が矯正治療をするケースが格段に増えてきています。
一昔前までは、やはり矯正治療中の見た目が原因で矯正治療に踏み切れない方が多かったのではないでしょうか。けれども最近街を歩いていると結構ブラケットを装着されている社会人の方をよく目にするようになりました。

矯正治療がより身近になってきた要因の一つとして「見えない」矯正治療が広がってきたことが挙げられます。ブラケットを歯の裏側につける裏側矯正(舌側矯正、リンガル矯正)や、インビザラインのような透明なマウスピース矯正も増えてきています。


そのため、実際に街で目にする患者さん以上の方が矯正治療を成人になってやっているのが現状です。

では成人になってから矯正治療をする場合のメリットはあるのでしょうか。小児矯正の場合、顎の骨の成長を促すことで歯を並べるスペースを確保し、非抜歯の可能性を上げることが出来たり(患者さんによって抜歯の可能性もあります)、舌癖などの癖を早い段階で直し、治療後の後戻りリスクを下げるなどといったメリットがあります。

成人の方が矯正治療を行う際のメリットもいくつかありますが、その中で、「主体的に治療を受けられる」ということが実は大きなメリットとして考えられます。

矯正治療の期間というのは、ご存知の通り年単位でかかってきます。リテーナーなどで綺麗に並んだ歯列をキープするための保定期間というのもあります。その長い治療の間に、患者さん自身が取り組まなくてはいけないことも多々あります。

一つは丁寧な歯磨きです。歯にブラケットを装着しますので、通常以上に齲蝕(虫歯)にならないようにしっかりと歯磨きをする必要があります。また、顎間ゴムや、リテーナーなど患者さん自身が指示された時間装着しておく必要があるものがあります。これらはご自身で着脱可能なため、もし指示された時間装着しないとトータルの治療期間はどんどん伸びてきてしまいます。

成人の患者さんの場合、自分の意思で歯並びを治そうとして矯正治療を始めます。そのため、そういった装置をしっかりと使用して計画通りの治療期間で終わらせるケースがほとんどです。

もちろんそうはいっても小児矯正においてもしっかりと歯磨きを丁寧にして、顎間ゴムなどをしっかりと装着するお子様もたくさんいらっしゃいます。

矯正治療を受けるタイミングというのは人それぞれです。小児のうちに治療するメリットもありますが、大人になってからも問題なく綺麗な歯並びを手にすることはできます。矯正治療が気になったタイミングがその患者さんのベストなタイミングだと思っておりますので、気になることがありましたらいつでもご連絡頂ければ幸いです。

2018.01.30

矯正治療の満足度

こんにちは。
メープル矯正歯科の山口です。

今回は、調査会社が矯正治療を経験したことがある人に対して、使用した矯正装置の満足度を調査した結果がありましたので紹介していきます。



■使用した矯正装置の満足度
①「表側矯正」
・とても満足している(36人)
・満足している(82人)
・不満がある(28人)
・とても不満がある(7人)
②「裏側矯正」
・とても満足している(22人)
・満足している(23人)
・不満がある(5人)
・とても不満がある(0人)
③「マウスピース矯正」
・とても満足している(3人)
・満足している(30人)
・不満がある(6人)
・とても不満がある(1人)

全ての装置で満足している以上の回答は半数を超えているのが見て分かってもらえると思いますが、その中でもとても満足しているという回答率が一番高いのが裏側矯正(舌側矯正、リンガル)です。まだ絶対数が少ないため、他と比較して完全に良いと言い切れるわけではございませんが、近年の装置の進化も少なからず満足度には影響しているのではないかと思います。

では反対に、不満を持っていると回答した人はどのような点が不満だったのかも見ていきます。

■不満点は何ですか?
1. 治療中に痛みがかなりあった
2. 効果が薄かった
3. 違和感に耐えられなかった
4. 途中で取り外さなくてはならなかった
5. 通院が出来なくなった
6. 歯科医師との相性が悪かった
7. その他

この様な点に不満を持っている人がいたようでした。「痛み」に関しては、近年のとても弱い力を維持できるワイヤーを使用することで昔よりはだいぶ改善されてきていますが、人によっては痛みを感じることもあります。

また、「効果が薄かった」、「違和感に耐えられなかった」というのはマウスピース矯正や裏側矯正のデメリットではないかと思います。毎日しっかりと規定の時間以上マウスピースをはめないと効果を得ることは出来ませんし、ワイヤーも調節を行わないとそこで動きが止まってしまうことになります。また、口の中に装置を付けますので初めのうちは違和感がでます。時間と共に慣れていくのですが、リンガルにおいては使用するブラケットによって違和感が大きく出やすいものもあります。


デメリットばかり挙げてしまいましたが、もちろんこういった装置にも見た目ですごく綺麗なため、アナウンサーやタレントの方も実は経験者だと言うことも少なくは無いです。それぞれの装置にメリットやデメリット、得意な症例や難しい症例というのがあります。患者さんの希望はもちろん優先して治療計画を立てていきますが、それに伴うデメリットなどもしっかりと説明して理解して貰う事が大事だということが改めて分かりました。皆さんも気になることがある場合は我慢せずにしっかりと聞いて理解することが長く続く矯正治療には大切だと思います。

2017.12.27

裏側矯正(舌側矯正、リンガル)の認知度に関して

こんにちは。
メープル矯正歯科の山口です。

今回は近年問い合わせが増えてきている、裏側矯正に関しての認知度はどの程度あるのかという調査結果を見つけましたのでご紹介したいと思います。

大人の患者さんに、子供の時に矯正治療をしなかった理由について聞いてみると、親に相談することが出来なかった人や昔は特に気にしていなかったという人など様々な理由があります。中でもやはり多く挙げられるのが見た目に関する理由です。

徐々に小児の矯正治療が増えてきていますが、矯正装置を付けていると周りの目が気になってしまうという懸念からなかなか踏み出せずにいるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、そういった方が大人になってから見た目の上で気にならない裏側矯正やマウスピース矯正というものを知り、相談に来たという事例がすごく増えてきているように感じます。では実際にどの程度、認知度が上がっているのでしょうか?

どちらも調査会社が行ったアンケート調査になります。
■裏側(リンガル、舌側)矯正を知っていましたか?
・子供のころ(約5%)
・現在(約63%)

■マウスピース矯正を知っていましたか?
・子供のころ(約3%)
・現在(約57%)

裏側矯正に関しては、1970年代から研究開発はされてきていたのですが、当初はかなり装置が大きかったり精度が悪かったりと色々問題がありました。しかし、近年の装置の進化からそういった問題もかなり改善されてきており、使用頻度が高くなってきています。歯の裏側に装置を付ける裏側矯正にとって装置の大きさや治療時の操作性の良さというのは直接患者さんの治療時の負担や、日常の快適性に繋がるため非常に大きな進歩だと思います。

マウスピース矯正というのは、透明なマウスピースをはめて治療をする方法で、近年とても多くなってきました。取り外しが出来るなど患者さんの見た目上のメリットはあるのですが、装置を付け忘れたりすると治療が思ったように進まなくなりますし、適応症例も全ての患者さんに使えるわけではないという問題もあります。

いずれにしても矯正歯科の学会などでも各矯正器具メーカーから次々に新しい商品が出てきたりしており、治療の選択肢も増えてきているように思います。患者さんの状態によっては使えない装置があったり、永く安定した綺麗な歯並びのために必要な矯正装置をご説明することもありますが、できる限り希望沿って治療していきたいと思っています。

2017.12.21

補綴物がある場合の矯正治療について

こんにちは。
メープル矯正歯科の山口です。

今回は、補綴物(詰め物、被せ物)について説明していきます。最近では、う蝕(虫歯)の治療で様々な種類の補綴物が出てきています。矯正治療を検討する人の中にも補綴物を使用している人も少なくないと思いますので、種類や特長の紹介をしていきます。

■ゴールド(金)
昔から金歯として使用されてきており、柔軟性に富んでいます。そのため歯にフィットしやすく、周りの歯を傷つけるリスクが少ないのが特徴です。また、金属アレルギーの患者さんにも使用できるため、矯正用のブラケットに使われたりもします。しかし、かなり高価になってしまうというのは言わなくてもお分かりいただけるかと思います。



■プラスチック(コンポジット)
プラスチックは素材が安価で、加工しやすいため治療の費用を安く抑えられるという特徴があります。しかし、強度が少し弱いため傷がつきやすいと言う問題があります。また、吸水性があるため、着色してしまうというのも問題になることがあります。矯正用のブラケットの中にもプラスチックを使用しているものがありますが、種類によっては着色してしまうこともあります。



■セラミック
透明感がある素材で、表面も滑らかなためとても審美性に優れた素材です。しかし、硬度が高いために周りの歯を傷つけてしまったり、強い衝撃で割れてしまう可能性もあります。また、金ほどではないですが少し治療費が高くなってしまいます。矯正用のブラケットにもセラミックを使ったものが多くあります。



■ジルコニア
素材としては一番新しい部類に入るもので、模造ダイヤと言われるほどの強度が特徴です。しかし、ジルコニアは特有の白さがあり、目立ちやすいためにセラミックで表面をコーティングしたものが一般的に使われています。この様に加工が必要なため、価格も高くなる傾向にあります。セラミックと同様に、矯正用のブラケットにもジルコニアは採用されています。



上記の他にも、セラミックとプラスチックを混ぜたものや、銀歯と言われる金銀パラジウム合金など補綴物の種類はたくさんあります。

矯正治療の相談に来られる時にこの様な補綴物が入っていても矯正治療が可能ですか?という質問を良く受けますが、補綴物が入っていても治療は行えます。専用の接着剤を使用したり、バンドという金属の帯のようなものを歯に装着したりと方法はいくつかありますので、素材や部位によって適切な方法を選んでいます。そのため、治療を始める前に補綴物がある患者さんは、その材質の確認、また歯の状況などもしっかりと確認したうえで治療計画を立ててまいります。

2017.11.29

矯正治療前の相談件数と治療開始のきっかけについて

こんにちは。
メープル矯正歯科の山口です。

今日は矯正治療前の相談件数と治療開始のきっかけについてお話していきたいと思いますが、皆さんが矯正治療を受けるとなると、治療を開始する前に何軒程度の歯科医院に相談に行くでしょうか?今回はそういった内容のアンケートを調査した結果が見つかりましたので、ご紹介したいと思います。

■矯正治療前、何軒の歯科医院に相談に行きましたか?
1.  1軒:68.9%
2.  2・3軒:27.8%
3.  4・5軒:2.6%
4.  6軒以上:1.3%

1軒という回答が68.9%で一番多かったのですが、2軒以上相談に行っているというのが3割ほどいるというのは少し意外な結果だったように思います。この場合、治療前なので意味は異なりますが、インフォームドコンセントなどしっかりといろんな意見を聞いてから納得して治療したいというのが広まってきているのかなと感じます。

■矯正治療をする医院を決めたきっかけは何でしたか?
1.  27.1%:両親が決めた
2.  22.7%:医師が丁寧に対応してくれた
3.  15.8%:装置や治療方法が納得できた
4.  15.7%:通院に便利であった
5.  8.8%:費用が安かった
6.  4.4%:知人からの紹介
7.  3.5%:治療期間が短かった
8.  2.1%:その他

小児期の矯正治療などもだいぶ浸透してきたため、1番目の両親が決めたからというのは納得のいく順位かなと思います。2番目以降は自身で決めた成人患者さんの意見が続いていると思いますが、これも見ていくとかなり納得のいく順位になっているのではないでしょうか。

矯正治療は長い時間とお金をかけて治療をしていくものになりますので、しっかり治るのかというところや最後まできっちり面倒を見てくれそうな矯正医なのかというのが気になるのは当然だと思いますし、まだ治療前で気にしていなかったという人は是非そこも見ていただくと良いのではないかと思います。

しかし、装置や治療に関してなかなか判断するのが難しいと感じる人も中にはいるかと思います。患者さんの希望もあると思いますので、私達も最大限にそれは考慮していきたいと思いますが、人それぞれ歯列の状態や顎の大きさなどは違ってきます。またその不正咬合の原因も様々です。

そのため、使用する装置や治療方法などはその人によって変わってくるので、私たち矯正専門医院ではその診断にしっかりと時間をかけて行っています。そうして作成した治療の計画を患者さんに出来るだけわかりやすく説明し、納得してもらえるように日々努力しています。そのため、難しく考えすぎずにどういった治療が可能なのか、効率的なのかというところを聞きに来て貰えたらと思います。その説明に納得してから治療を検討するというのでも遅くは無いと思いますので、お気軽に相談に来てください。その際にスタッフも含めて、雰囲気なども含めて気に入って貰えたらうれしく思います。