BLOG|矯正の本音

矯正歯科に関する正しい知識や情報のご提供、医院の活動のご報告などを連載していきます。

2012.10.28

乳歯列のときの隙間

メープル矯正歯科院長の山口です。

乳歯に関するお話をします。

乳歯は生後6ヵ月で上下乳歯の前歯が生えはじめます。そして2歳半頃にはすべての乳歯が生えて、乳歯列が完成します。

みなさんのお子さんの乳歯の並びはどうでしょうか?
正常な乳歯の並びってご存知ですか?


実は完成した乳歯列のときには、歯と歯の間に隙間が存在します。
隙間があっても「うちの子は、すきっ歯だ」と思わないでください。正常です。ご安心ください。
この空隙は霊長空隙と発育空隙という2つの空隙が合わさったものです。
霊長空隙は、霊長類に多く見られる隙間です。


乳歯が生えた後でも顎は前と横方向に成長していきます。
顎の発育に伴ってできる空隙、これが発育空隙です。

この空隙は何のためにあるのか??という疑問が湧いてくると思います。
これは、後々の永久歯が生えるための隙間とお考えください。

以上のことをまとめると、
乳歯列のときに「隙間がなく、キレイに乳歯が並んでる」状態は、・・・・
将来、永久歯が生える隙間が足りなくなる可能があり、凸凹になる可能性が高くなります。

ましてや、乳歯列のときに、乳歯の凸凹があると将来ほぼ100%凸凹になります。

次回、さらに詳しい解説と実際の症例を踏まえてご説明いたします。