BLOG|矯正の本音

矯正歯科に関する正しい知識や情報のご提供、医院の活動のご報告などを連載していきます。

2016.05.27

第一印象と歯並び 口元を隠す?

こんにちは。

メープル矯正歯科の山口です。

今日は見た目に関係する、第一印象について考えていきたいと思います。

矯正治療を受けられる方は様々ですが、共通して改善したいのは「見た目」ではないでしょうか?もちろん上顎前突(出っ歯)や下顎前突(受け口、しゃくれ、反対咬合)などの重度の不正咬合の場合は、食べ物を噛む機能の改善や発音の問題の解決につながる為、見た目以上の感動が矯正治療後に待っていたりします。




今回見た目に関する意識調査結果で面白いものを見つけましたので、まずはこちらをご紹介したいと思います。この調査は矯正歯科医会の神奈川支部が行ったもので、結構みなさんにも当てはまるかもしれません。

Q. 笑う時に口元を隠しますか?

A. Yes:89.6%

なんと9割の方が口元を隠すんですね!みなさんの中でも口元を隠す癖がある方は多いのではないでしょうか。

同じような調査を海外でしたところ、アメリカで16.7%、イギリスで0%というデータもあるそうで、大きな開きに驚きました。

口元を隠す理由としては、叢生(デコボコ、乱ぐい歯、八重歯)や、正中離開や隙っ歯などの不正咬合を隠したいというのがほとんどの理由だったそうです。食事の際に口元を隠すというのは、マナーの一環として考えられますが、日々の生活の中でも不正咬合を気にしているという方も多いことがわかります。

少し視点は変わりますが、多くの方が第一印象を大切にしているというのも見えてきます。約30秒で相手の印象を決めてしまうというのはよく聞きますが、歯並びが綺麗か、悪いかというのも相手への印象に大きく影響を与えているのではないでしょうか。中学入学前や、就職活動前に歯列矯正治療を受けられる方が増えてきているのもこういったところからきているのかもしれません。

矯正専門医としては咬合関係や歯並びだけでないトータルでの健康を考えて治療していますが、見た目の改善で心から喜んでもらえるのは何よりうれしく思います。第一印象だけでなく、自信を持った毎日が送れるお手伝いが出来れば幸いです。