BLOG|矯正の本音

矯正歯科に関する正しい知識や情報のご提供、医院の活動のご報告などを連載していきます。

2016.03.16

裏側矯正は発音するのが難しくなるって本当?

メープル矯正歯科の山口です。

今日は問い合わせの多い見えない裏側矯正(舌側矯正、リンガル)について書いていきたいと思います。

日本橋、銀座という土地柄か、矯正治療中も見えない矯正ということで、マウスピース矯正や裏側矯正で治療したいという患者さんが増えてきています。そんな中、発音について懸念される方も多くいらっしゃいます。成人の方の矯正治療を受ける目的の一つとして、接客や営業など、人と接することが多いため、日々のお仕事に支障なく歯並びを治したいということからくる懸念点です。

裏側矯正による矯正治療は、発音に関しては昔と比べてはるかに改善されてきているのが実際です。厚みも1.5㎜ほどのものから、メープル矯正歯科で採用しているインコグニートのように患者さん一人一人に対してオーダーメイドでブラケット(矯正材料)のベースを作成し、できる限り歯面に近づけて装着するものが出てきました。一昔前までは矯正材料メーカーの技術も今ほどはなく、ごつごつしたブラケットしかありませんでした。その頃は確かに発音がうまくできず、裏側矯正は発音が難しいというイメージが定着しました。

かといって全く発音の問題がないかというと、個人差はありますがゼロではないと思います。口腔内は良くできていて、髪の毛一本ですらしっかりと違和感として認識できるようになっています。そのため、ブラケット装着時には確実にこれまでなかったものが口腔内につきますので、慣れるまでには少しの時間が必要です。ただこれは表側に関しても同じで、裏側の矯正装置を付けたからということに限りません。

実際は多くの患者さんは上に書いたように装置の改善もされてきているため、1週間程度で発音に関しては慣れるという方が一番多いのではないでしょうか。

特に成人の方の仕事をしながらの歯列矯正に関しては、日々のお仕事に密接に関係してくるため、発音に関して100%大丈夫ということは言い切れませんが、ほとんどの方が実際に装着してみるとイメージしていたほどの違和感はないということをおっしゃっています。またどうしてもその違和感が嫌だという場合は、症例を選びます(重度の上顎前突や下顎前突などの不正咬合は難しい場合があります)がマウスピース矯正(インビザライン)も選択肢として考えられます。ちなみに食事に関しても初めのうちは慣れが必要ですが、こちらも想像以上に早い段階でみなさん慣れているようです。

実際に矯正治療を考えるとこのように心配ごとなどが湧いてくると思います。メープル矯正歯科ではそういった様々な心配ごとを患者さんとしっかりと話し合い、治療方針を決めていければと思っております。

 

2016.03.09

セルフライゲーションブラケット

メープル矯正歯科の山口です。

セルフライゲーションという矯正治療方法をご存知でしょうか。近年では多くの矯正歯科医院で採用されるようになった治療方法で、矯正装置としても各矯正材料メーカーから多くの種類が出ています。その中でも有名なのが「クリッピー」や「デーモンシステム(デーモンシステム)」と呼ばれる矯正装置で様々な矯正医院のホームページで目にしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。



本来矯正治療はブラケット(矯正装置)に矯正用ワイヤーを結紮線と呼ばれる細い針金や小さい矯正用の輪ゴムで括り付けて歯をコントロールしていきます。


それに対してこのセルフライゲーションはブラケットにシャッター、あるいはクリップタイプの蓋を付けることで結紮の代用をします。結紮タイプと違い、矯正用ワイヤーを抑え付けることがないため、摩擦力が軽減して歯が早く動かせたり、弱い力で矯正治療ができ、診療時間の短縮が可能という利点があります。そのため、痛みの軽減なども注目されました。

上に書いたクリッピーというブラケットはクリップタイプの蓋がついていて、デイモンシステムはシャッター構造になっています。基本的にどちらも矯正用ワイヤーを強く押さえつけることはありません。

結紮タイプとセルフライゲーションではどちらが良いか、矯正専門医の間でも意見が分かれるところですが、矯正装置単体だけではなく矯正用ワイヤーとの組み合わせが肝心であるということも大切なポイントです。カッパーナイタイなど最先端の材質で出来た弱く持続的な力を発揮する矯正用ワイヤーとセルフライゲーションの組み合わせで、歯根吸収のリスクが低下するとの報告があります。歯は造骨細胞と破骨細胞というものが歯根において押す側と押される側でそれぞれに働き、歯根の吸収と再生を繰り返し移動していきます。そしてその各細胞を正常に働かせるには血流を妨げないというのが必須になります。セルフライゲーションのブラケットと、弱い力のワイヤーとで歯周組織に過度の力を加えないことにより、造骨細胞と破骨細胞の働きを正常にし、歯根吸収リスクを軽減できることにつながってきます。

今回セルフライゲーションについて書きましたが、そうは言っても最も大切なことは正確な診断と矯正医の技術だと思います。結紮タイプであっても歯根吸収させないように治療できる矯正医もたくさんいらっしゃいます。結紮線で結ぶ従来の方法であっても結紮の強弱によってセルフライゲーションの効果も得ることができます。セルフライゲーションでの治療においては「治療期間短縮」「痛みがない」「非抜歯」といった言葉も大体セットで出てきます。しかしあくまで患者さんの状態や診断する矯正医によるので、ご自身の不正咬合の状態などをしっかりと診てもらったうえで選択していくことが最善かと思います。

2016.02.25

下顎前突(受け口、反対咬合)について

メープル矯正歯科の山口です。

今日は下顎前突について少し書いていこうと思います。
下顎前突は「受け口」「反対咬合」とも呼ばれ、下顎の方が上顎よりも前方に出ている症状を指します。「しゃくれ」という言葉が一番身近かもしれませんが、実はこの下顎前突にもいくつか種類があり、治療のアプローチもいくつかあります。

まず大きく「骨格性受け口」と「機能性受け口」とに分けて考えてみましょう。

骨格性受け口というのは、文字通り骨格に原因がある受け口のことです。基本的に下顎が上顎よりも成長が進み、前に出ているものです。骨格性受け口の場合、上下の前歯が接触せず、比較的噛み合せが浅いというのが特徴です。上顎と下顎の成長、骨のサイズのギャップから生まれる不正咬合のため、できれば骨の成長段階にある子供のうちに治療をした方がいいといわれています。成人になってからだと上顎の骨の成長を考えたり、必要以上の下顎の成長を抑えるということもできず、外科手術になる可能性が高いためです。


骨格性受け口と区別されているのが機能性受け口です。機能性の受け口の場合は、噛み癖からくる場合が多いと考えられています。前歯で食べ物を噛む際に、無意識のうちに下顎が前に出るように力が入ってしまっているケースです。通常上顎の前歯は切端(先端)が外側に傾いていて、下顎の切端はその内側に納まっています。つまり上顎前歯が下顎前歯を覆っている状態です。


でも上顎前歯の傾きが浅く内側に傾斜してくると、前歯の切端(歯の先)同士がぶつかります。本来は、この上下前歯の先と先で咬む位置で咬みたいのですが、そうすると奥歯が咬まない状態になります。


奥歯で噛もうとすると、下顎は後ろに下がることはできないので、無理矢理下顎を前に出して咬んで、その結果受け口の状態で咬むことになります。


機能性受け口の場合は、この上顎前歯の傾きを前方に傾斜するように調整することで治すこともできるため、症状によっては比較的短期間で治療できます。ただ、この癖を放っておくと、下顎の必要以上の成長につながってしまうということも考えられます。






見た目の問題だけでなく咀嚼機能や発音につながる不正咬合のため、どちらの受け口であっても、早い段階で矯正治療を行うに越したことはありません。80歳まで20本の自分の歯を残そうという8020運動に関する研究では、8020運動達成者の中に受け口の方は一人もいなかったというものも発表されました。できる限り早い段階で噛み合せを含めた矯正治療で治して頂ければと思います。

 

2016.02.08

歯と健康に関する意識調査

メープル矯正歯科の山口です。

前回は審美に関する意識調査に関してご紹介しましたが、今回は歯と健康に関する意識調査を見つけたのでご紹介いたします。

前回、最後に見た目の審美だけでなく健康面まで含めて歯列矯正には価値があるということをお伝えしましたが、今回はそんな歯と健康の関連性についての認知度がどれくらいあるかというデータになります。前回同様、日本臨床矯正歯科医会が行った調査で、この結果を見てみるとだいぶ歯並び、噛み合わせと健康のつながりが認知されてきていることがわかります。

■不正咬合から起こるトラブルはどういったものがあると思いますか?

不正咬合からくると思うトラブルは? 

1位 顎関節症:56.8%

2位 齲蝕(虫歯):54.7%

3位 歯周病:44.7%

4位 発音障害:39.8%

5位 顎変形症:37.5%

6位 口臭:28.2%

7位 ドライマウス:15.2%

他にもいろいろな弊害があると思いますが、みなさんはいかがでしたでしょうか?

1位の顎関節症は半分以上の方が認識あるようで、実際に診断をすると歯並びだけでなく噛み合せから顎関節症のリスクも見えてきます。また顎関節症から肩こりや頭痛といった問題につながることも多く、歯列矯正を終えられた患者さんから肩こり、頭痛の改善につながったという喜びの声を聞くこともあります。

2位の齲蝕と3位の歯周病に関しては、特に叢生(デコボコ、乱ぐい歯、八重歯)から磨き残し、そしてそこから齲蝕、歯周病へつながる可能性があります。

上顎前突(出っ歯)や下顎前突(反対咬合、受け口、しゃくれ)、オープンバイト(開口)などの比較的重度の不正咬合の場合は4位の発音障害につながってくるのは容易に察しが付くかと思います。

また気を付けたいのは同時に幾つかのトラブルが発生することもあるということです。例えばオープンバイトの場合は発音障害だけでなく口腔内が乾燥しますので、ドライマウスになりやすく、唾液の自浄効果が下がる為齲蝕になるリスクも上がります。

そのため、見た目の改善に矯正治療をされた患者さんが、ご自身で気づかなかったメリットに後から気づくことも多々あります。矯正治療をすることで、多くの方の健康維持までつながればと思います。

2016.01.20

審美に対する意識調査

メープル矯正歯科の山口です。

今回は日本臨床矯正歯科医会が1000名を対象に行った、審美に対する意識調査についてご紹介していきたいと思います。

最近では就活や結婚などの人生の転機において、矯正治療を行いたいという方が増えてきているように感じられます。そういった意識と関連してくるところではあるのですが、このデータでは実際に審美面に対する金額をいくらならかけられるかという調査になっております。

■今よりも美しい歯、美しい肌を手に入れるために幾らまでならお金をかけられますか?

女性の方なら感覚を掴んでいただきやすいかと思いますが、肌の美容にかけられる金額が上のグラフで表されています。同様に、歯の審美面にかけられる金額が下のグラフとなっております。ご覧いただいてもわかるように、歯の審美にかけられる金額は肌の美容と同等かそれ以上かけられるという結果となりました。これは少しずつ矯正治療が皆さんに理解いただき、広まってきている結果ではないかと思います。

また、今までお伝えしていますように、矯正治療は審美面以外にも上顎前突(出っ歯)や下顎前突(しゃくれ、反対咬合)などを改善し、咬合関係を揃えることによって顎にかかる負担を減らしたり、発音などが改善されるなど、健康面にとってもとても大切な治療です。この様に、審美面のみならず、健康面含めてメリットのある歯列矯正治療を検討してみてはいかがでしょうか。当院では、治療方法や金額、治療期間も含めてカウンセリングを行っておりますので、一度今の思いや疑問点などございましたらお気軽にお問い合わせいただけたらと思います。

2016.01.19

ブラックトライアングル

メープル矯正歯科の山口です。

今日はブラックトライアングルに関して書いてみようと思います。ブラックトライアングルはあまり耳慣れないかもしれませんが、多くの成人の方に見られる歯の状態で、歯茎の退縮によって歯と歯の間に三角形の隙間が出来ることを言います。

矯正歯科治療後のブラックトライアングル

矯正治療前は捻転(歯がねじれている)や叢生(デコボコ、乱ぐい歯、八重歯)がありますので、この歯茎の退縮は目立ちません。いざ歯列矯正をして歯並びが綺麗になると、歯茎の退縮が目立ちますので、突然現れたと間違われる患者さんもいらっしゃいますが、決して治療に失敗して出現するものではありません。また、歯茎の退縮に関しては年齢と共に進みますので、治療してから後からブラックトライアングルが出てくる可能性もあります。

矯正歯科治療前(正面) 矯正歯科治療前(下顎)

このブラックトライアングル自体には特別害はありません。強いて挙げるなら食べ物が挟まりやすく、齲蝕(虫歯)から歯周病につながる可能性があるという点です。ブラックトライアングルをなくす方法としては歯と歯がぶつかる部分を削り(ストリッピング、ディスキング)、歯の隙間を埋めることもできますが、上下のバランスを考えるとしっかりと診断する必要はあります。

歯列矯正後にブラックトライアングルが出るかどうかは初めの診断である程度わかるので、気になる方は矯正専門医に確認してみてください。

ブラックトライアングルに対する対策としては、やはり一番は原因となる歯茎の退縮を抑えることだと思います。年齢によるものはどうにもなりませんが、日々のブラッシングを丁寧にすることで、歯茎を健康に保ち、退縮を遅らせることにつながります。また食事の際によく噛むということもとても大切になります。

矯正歯科治療の前後比較

歯と歯茎を健康に保つために、矯正治療を行う患者さんも最近ではとても増えてきています。叢生(歯の凸凹)だけでなく、上顎前突(出っ歯)や下顎前突(反対咬合、受け口)のような噛み合せに問題がある場合に歯周病につながる可能性が上がるというデータもあります。

ブラックトライアングルだけでなく、様々な健康の観点から矯正治療に関してお伝えしていければと思います。

2015.12.19

保定装置期間の役割

メープル矯正歯科の山口です。

歯列矯正の全治療期間は、大きく動的治療期間と保定期間に分けることが出来ます。みなさんが初めにイメージする矯正治療は、歯に矯正装置とワイヤーを付けて歯を動かすものではないでしょうか?実は矯正には歯並びを整えた後の保定(後戻りを予防する)装置を装着する大事な期間が存在します。

保定期間はマウスピース矯正や、舌側矯正(裏側矯正・リンガル)などような矯正治療にも必要な期間であり、必ずその期間を皆さん経験されます。もしも保定期間にしっかりと保定装置を付けないと、歯並びが元のように戻ってしまう可能性があります。保定装置は『リテーナー』と呼ばれることもあり、床型リテーナー、マウスピース型や歯の裏側にワイヤーを直接付けるなどいろいろな方法があります。(どのような種類があるか矯正専門医やスタッフの方に聞いてみると良いでしょう)

透明マウスピース
透明マウスピース

固定式リテーナー
固定式リテーナー

床型リテーナー
床型リテーナー

歯の移動、いわゆる動的治療を終えた後になぜ保定装置を付けなければならないのでしょうか?それは人体の優れた能力が故に起きてしまう副作用のようなもので、『恒常性』という作用があります。簡単に言うと変化の後に元に戻ろうとすることです。例えて言うと、短期間でダイエットを行うとリバウンドしやすいのと同じです。矯正治療も同じで、長年の環境や習慣によって出来上がった状態(歯の位置や舌癖、噛み方)を変化させようとすると恒常性が働き、動的治療終了直後は治療前の状態に戻りやすい状態になります。それを防ぎ、矯正した歯並びの状態を新しい歯並びであると体に認識させる、それが保定期間の大きな目的になります。

動的治療期間は、歯に矯正装置とワイヤーが付いているためいつでも力が働いている状態ですが、保定装置の中には取り外し可能なものもあり、それを選択した場合は患者さん自身でしっかりと保定装置を装着することが重要になりますので、取り外す際は食事や歯磨きが済んだらすぐに装着するようにしてください。

保定装置を使用したら必ず後戻りしないと言い切れませんが、きれいになった歯並びを少しでも長く保つために、保定装置期間がとても重要であることをぜひ知っておいてください。