BLOG|矯正の本音

矯正歯科に関する正しい知識や情報のご提供、医院の活動のご報告などを連載していきます。

2013.07.03

コルチコトミーの実習

メープル矯正歯科院長の山口です。

久しぶりのブログ更新です(^▽^;)

さて、ニューヨーク大学短期留学プログラムの一環として、コルチコトミーを併用した矯正治療を学びます。コルチコトミーを併用することにより、歯が早く移動する矯正治療です。コルチコトミー(corticotomy)とは歯槽骨皮質骨切除術のことです。

顎の骨には、外側の固い皮質骨と内側の柔らかい海面骨があります。
この固い皮質骨に少し切れ目を入れて、矯正力を加えて動かしていきます。

場合により、歯茎を剥ぐ(歯肉剥離)方法と剥がない方法があります。
違いは歯肉剥離した方が歯はよく動くのですが、歯茎を剥いだあと、縫います。つまり体への侵襲が大きいため歯茎を剥がない方法よりも腫れや痛みは大きいです。

来年の4月のルーマニアでコルチコトミーの実習があります。当初は外科経験のある先生と組んで実習に望む予定であったのですが、急遽、みなある程度の外科の技術があるものとして進むそうで、経験の無い先生は、どこかで研修を積む必要があります。卒業1年目の研修医のときに簡単な外科手術のお手伝いはしましたが、ここまで本格的な外科手術は経験ありません(^▽^;)

困ったな〜。ダメもとで外科手術の経験豊富な後輩にお願いしてみると、「いいですよ。やりましょう。まずは豚の骨で練習しましょう」
とのことで、実習してもらえました。
メスの入れ方、歯肉剥離のやり方、最後の縫合まで。

学生時代、後輩に優しく接してて良かったです(^O^)/




後輩の病院で、その他の若手ドクターを集めて、いろいろ手技を教えてもらいました。


なぜ豚の骨かというと、歯の形は違います(草食動物なので)が、それ以外の臓器を含めて、豚は人間に近いんらしいです。いろいろな手技の練習に使えます。



なんとテキスト付きで!感謝です!ありがたい!


普段の矯正の治療は手は震えないんですが、久々のメスを持つと新人の頃の手がプルプル状態でした\(;゜∇゜)/


ドクターとスタッフを交えて、みんなで実習しました。助かりました。

次回は、デンタルインプラントの植立の実習をして頂けるそうです。

いい後輩に恵まれました(ノ_・、)

永田先生、お忙しい中、いろいろとありがとうございました。
実習した永田先生のHPです。
新百合山手ファースト歯科 http://s-firstdental.com

2013.04.30

デンタル・インプラント(人工歯根)のオペ見学

メープル矯正歯科院長の山口です。

先日、近医のリーフ歯科の林先生のところへデンタル・インプラントのオペ見学をしてきました。



歯を失ったところを補う補綴治療には、ブリッジ、義歯(入れ歯)、デンタルインプラントがあります。

ブリッジは、歯の橋で、被せものを橋渡しにしてつなげたものです。

利点:保険適用であれば比較的安価
欠点:喪失した歯の両隣りの歯を削る、被せものの種類によっては保険適用外で費用がかかる、ダミーの歯の清掃が難しい


義歯(入れ歯)
利点:ほとんどの症例に適用できる、保険適用であれば安価
欠点:金属の止めがねがあるため、見た目が良くない、咀嚼効率(噛む能力)が低い、違和感が大きい、顎の骨がやせてくると合わなくなってくる

いろいろとネガティブなイメージがあるインプラント治療ですが、いわゆるチタン製の人工的な歯根です。歯が喪失してしまったところを人工歯根を立てて補う補綴治療です。

メリット:ブリッジのように両隣りの歯を削らずに済む、見た目が良い、咀嚼効率が最も良い、違和感が少ない
デメリット:小手術が必要、保険適用外の治療となるため治療費が高い。


矯正専門医の自分がなぜ一般歯科のデンタル・インプラントの見学??と思いかもしれません。


実際、自分がデンタルインプラントを植立することはありませんが、今後の矯正治療はただ単に矯正だけをする治療ではなく、補綴処置・歯周病治療など複雑で困難な症例が絡んだ治療が増えていくと思います。

我々、矯正専門医も他院の先生と連携して良い治療をするためには、こういった治療を熟知しておく必要があります。どれくらい隙間がないとインプラントが植立できないとかの判断が必要なのです。

最後に、歯がなくなったからと言って、放置しておくのは良くないことです。
なんらかの補綴処置は必要です。以前もお話したように、歯が抜けたまま放置することにより徐々に隣りの歯が歯がないところへどんどん傾斜していき、噛み合 わせが狂っていき、歯周病を悪化させて他の歯を失うことにもつながり、どんどん連鎖的に歯を失うことにつながります。また顎関節症状(痛み、口が開きにく い)、片頭痛、肩こりなどにつながることもあります。噛み合わせが狂えば、狂うほど、治療が難しくなり、噛み合わせの回復も難しくなります。

1989年(平成元年)より厚生省(当時)と日本歯科医師会が推進している「8020 運動」という運動があります。これは、80歳までに20本以上の歯を残すという運動です。20本以上の歯があれば、ほとんどの食べ物を噛み砕くことがで き、おいしく食べられるのです。そして自分の歯を多く残すことによりQOL(quality of life 生活の質)の向上につながります。

口の機能は、食べる(噛む、すりつぶす、飲み込む、味わう)、話す(発音、歌う、会話)、感情表現(笑う、怒る)、呼吸するなどたくさんあります。
これらを満足して行うには、健康なお口が大事です。そのためには一本でも多く歯を残すことが大事です!!


林先生、お忙しい中、見学させてもらい、ありがとうございました。
病院見学した林先生のHPです。
リーフ歯科 http://www.leaf-dental.com

2013.03.16

矯正治療についての講演依頼

メープル矯正歯科院長の山口です。

先日、開業当初に内覧会でお世話になったメディカルアドバンスで「社員向けに矯正治療について何かしていただけませんか?」とのことで、僭越ながら講演させていただきました(ノ´▽`)ノ♪

さて依頼されたはいいが・・・、講演内容はどうするか・・・・。
あと1週間しかない・・・(・・;)

メディカルアドバンスの社員は、歯科衛生士、歯科技工士の方もいらっしゃいますが、それ以外の歯科関係じゃない方もいらっしゃいました。
なので、ダラダラと矯正の症例写真をスライドにして流しても眠くなるだけなので、
何か飽きさせないスライドができないかな〜??と考えました。


メディカルアドバンスの社員も仕事後の参加で非常にお疲れであるので、アニメーションを活用し、おもしろおかしく、かつ充実した内容を目指して日々寝る間 を惜しんでスライド作りしました。一度、作り出すとポンポン、講演のイメージができて、ここで笑いをとるスライドを入れようなど考えているうちに気付けば 朝3時になっていた日もありました。

テーマは、やはり我々、矯正専門医の矯正治療に対する考えと患者さん側の矯正治療に対する考えに大きな隔たりがあるので、その隔たりを無くそう!を目指しての内容です。
それを少しでもみなさんに理解してもらえればなと思って、スライドを作りました。

あ!よく見ると「?」がスライドのフォントが統一されてない・・・(^▽^;)
英数の「??」とかなの「??」だ〜。やれやれですね。あ〜恥ずかしい。
今頃、気付きました(笑)
さすが1週間で慌てて作っただけありますね。


一方的に演者が話すだけだと、これまた聞いている人は眠くなるわけで、どうせならみんなでお話しながら時折質問を投げかけたりして参加している人とお話しながら気楽に参加してもらうという形式にしました。
アメリカ生まれだからなのか分かりませんが、聞いている人とニコニコお話しながらの発表がけっこう好きなんです。




今まで、大学時代からずっとwindowsのパソコンでPower Pointでスライドを使ってました。
開業してから、いろいろ勉強会に参加し、発表したりすると、macのkeynoteを使っている先生に出会います。スライドを見るとアニメーションがかっ こいい!そして発表者がかっこよく見える!! iPhone片手にkeynote remoteを使ってスライドをめくるテクニック頂きました!!
自分の座右の銘は「下手でも、まずは形から入る」ということで、よし、即マネしよ!ということで、すっかりmacユーザーになってしまいました(笑)

やはり人前で発表するのであれば、apple社の故スティーブン・ジョブスのような人を引きつける発表に憧れますよね〜。発表後のスタンディングオベーションまではいらないですが・・・(^▽^;) そんな器でもありませんので・・・。


いや〜、それにしても講演は爆笑の渦でしたね(^_-)---☆
だったはず・・・・??(^▽^;)

メディカルアドバンスのみなさま、お疲れさまでした(⌒〜⌒)



今回の講演場所:
メディカルアドバンス http://www.medical-advance.com

2013.03.09

矯正の勉強(ニューヨーク大学矯正コース)

メープル矯正歯科院長の山口です。

先日は3/2(土)〜3/4(月)まで、2年コースの裏側(リンガル)矯正、アンカーインプラントなど盛りだくさん勉強をしていました^^

裏側(リンガル)矯正やアンカーインプラントなどの講習会にはいろいろ行きましたが、今回は初めて外科的処置(コルチコトミー、コルチシジョン)を併用して歯を早く動かす矯正治療について勉強しました。漠然したイメージはありませんで、具体的にどういうことをするのかはっきり分かっていませんでし た。


コルチコトミーは歯茎を剥離して、下顎の表層の固い皮質骨に切れ目を入れて歯を動きやすくする矯正治療です。その他にも歯茎を剥離しないコルチシジョンも勉強しました。一ヶ月後、四ヶ月後の歯の動きの速さにびっくりでした\(◎o◎)/!


実習もありました。
ピエゾという機械を使う練習です。


超音波の振動を利用して固い皮質骨を削ります。柔らかい部分は削れないので、歯と骨の間にある歯根膜というクッションは傷つけない機械です。歯根膜は矯正 によって歯を移動させる際に重要なものであります。歯根膜が傷ついてしまうと骨癒着により、歯が動かなくなる場合があるんです。

2年という長いお勉強のコースで、度々、病院を休診にすることがあるかと思います。
ご迷惑をおかけするかもしれませんが、なにとぞよろしくお願いします。

大学病院勤務時代や勤務医時代にもいろいろと勉強はしましたが、まだまだ勉強していかないとダメですね〜(^▽^;) 日々、勉強ですね!

2013.02.23

一般歯科との連携

メープル矯正歯科院長の山口です。

今回は、提携している一般歯科医院とのチームアプローチの重要性についてをお話します。

当院は矯正治療専門医院です。虫歯治療・抜歯等の治療は行っておりません。その理由としては、虫歯や抜歯等に関しては一般歯科の先生の方が上手であり、矯正治療に関しては私の方が上手だからです。ただそれだけです。




虫 歯の治療、抜歯・・・自分自身は歯科医なので、できないこともないですが、虫歯の治療も実は技術が必要です。簡単に見えますが、実は難しいのです。自分は 中途半端な治療をしたくないので、虫歯一個の治療や抜歯1本であっても、やはり臨床経験の多い・上手な先生にお任せした方が患者さんのためにベストと思っ ています。
矯正以外の治療が必要な場合は、近隣のそれぞれの分野のエキスパート(口腔外科・歯周病・歯内療法・インプラントの各専門医)と連携し、治療計画立案をチームとして綿密に話し合うことで、患者さんの10年後20年後のお口の健康を見据えて、ベストな「質」の高い治療を提供することが大切だと考えています。

自分は矯正治療だけすればいいから、それ以外の治療は「はい、じゃ、あとは一般歯科で診てもらってくださ〜い」ってような矯正以外の治療に対して無責任なことはしたくないんです。

今回の症例です。出っ歯が気になり、来院した患者さんです。
通常の出っ歯の矯正治療でオッケーかなと思いながら、お口の中を覗いてみると・・・
「むむむ・・・・うーん、大変な治療になりそうだ・・・・」

歯の欠損が多く、傾斜しすぎている歯、歯の根っこの病変、不良な形態のブリッジ・・・・矯正以外にもやることはたくさんある状態(^▽^;) 本人曰く、歯科医院嫌いでほとんど通院したことがないとのこと。

日本橋歯科医師会でいつも大変お世話になっている中村歯科クリニックの中村先生、リーフ歯科の林先生に病院に来てもらい、症例検討しました。本来であれ ば、年下の自分が諸先輩方の病院に伺うのが普通なのですが、20時までの診療のため、先生方に来てもらうことになりました。感謝です。

まずは上あごの左側の状態。
一見、ただの隙っ歯に見えますが・・・

今回の症例の場合、銀歯の前の歯が欠損しており、銀歯が欠損部に向かって前方に傾斜しています。歯は常に動きます。隙間に向かって移動します。虫歯でダメ になった歯を抜歯したあと、そのまま放置していたものと思われます。歯茎が下がり、被せものと歯の境目が見えますよね?傾斜した歯によって噛み合わせが狂 い、歯茎の退縮につながっていると思われます。

レントゲンで見ると、傾斜具合がよく分かると思います。点線の軸が本来の歯の軸です。長い年月とともに徐々に傾斜したものと判断できます。

歯が傾斜してしまうと噛み合わせが狂い、顎関節に症状、場合によって全身的な症状(肩こり、頭痛など)にもつながることがあります。こういう傾斜を防ぐためにもブリッジ・入れ歯・インプラントなどの処置が必要で大変重要になってきます。

その他に、この歯には別の問題がありました。ずっと鈍い違和感があったそうで、別の歯医者で親知らずを抜いてもらったが改善していないとのことでした。
レントゲンをよくみると、根っこの周囲に黒い透過像が見えます。いわゆる根っこの病変です。

矯正治療を開始する前に、この根っこの病変の治療をしていくことになりました。でもある意味、当院に来てもらったからこそこれが発見できたと思っています。矯正の相談にきていなかったら、どうなってたんでしょうね??考えるだけでゾッとします。

さて今度は、右下の奥歯の状態です。ブリッジの歯ですが、削られ過ぎてすっかり歯の形の原型がなくなっています。

上の歯が噛み込み過ぎてて、ブリッジを削らざるをおえない状況だったのでしょう。

自分では気付きませんでしたが、中村先生より「下顎の奥歯の骨の高さに左右差があるぞい。これだと骨削除しないと仮のブリッジつくることできないよ」との指摘を受けました。「ほんとだ!確かに!」中村先生に相談して良かったです。ホッ(^▽^)

上の歯とぶつからないように下のブリッジを削ってたと思うのですが、歯は噛む相手がいないと噛もうとして、移動します。最初は隙間があっても、下の歯が 徐々に上に上がってきて、再度、下の歯を削ってと繰り返し削るうちに、前の写真のような骨の高さの左右差につながったのではないでしょうかね??

実際、お互い顔を合わせて、話し合いをする、これが重要と思っています。 いろいろ治療に多くの問題を抱えている症例は医院同士の手紙のやりとりだけでは、分からないことが多いためです。

僕自身、お酒は強くありませんが、このお二人の先生方と呑みにもよく行きます。男の言い訳かもしれませんが、これも重要な仕事だと思っています (^▽^;)一緒に呑むことによって、その人の人柄がよく分かるからです。あいさつだけで終わるような関係では、人間関係に何も進展はないと思っていま す。

これからも矯正以外の治療も患者さん一人一人にベストな治療を提供できるように頑張っていきたいと思います。


症例検討して頂いた中村先生、林先生のHPです。お二人とも勉強熱心で、とても患者思いの先生です(^O^)/
中村歯科クリニック http://www.nakamura-dc-cl.com
リーフ歯科 http://www.leaf-dental.com

2013.02.07

歯茎ピーリング

メープル矯正歯科院長の山口です。

歯茎の色って気になったことありますか?
それか話している人の歯茎の色が気になったことありますか?
健康な歯茎はピンク色です。みなさんの歯茎の色はどうですか?

これは自分自身の歯茎の色です。お恥ずかしいですが、完全に黒ずんだ歯茎です(^▽^;)

意外と知られていませんが、歯茎の色って顔の表情に大きく影響します。
黒ずんだ歯茎の笑顔ときれいなピンクの歯茎の笑顔って大きく違います。
人から見られる印象も笑顔同様に大きく変わります\(◎o◎)/!

歯茎は黒ずんできます。いわゆる歯茎にメラニン色素が沈着して黒ずんできます。加齢変化、喫煙、口呼吸、金属の被せものなど原因は様々です(・0・。)

歯茎のメラニンを除去する方法としては、レーザーとピーリングの2つがあります。
レーザーによる歯茎の黒ずみの除去ってけっこう痛いんですよね、時間もかかります。当院の経営方針の一つは、「痛みの少ない治療」なので、歯茎ピーリングを行っております(^O^)/

歯茎ピーリング・・・あまり聞き慣れない言葉ですよね?(・_・D
http://www.maple-ortho.com/pages/esthetic/esthetic.html

ピーリングとは英語で「peal 剥く」という意味です。歯茎の黒ずみを浮き上がらせて剥ぐということです。

手順としては、まずは表面麻酔の塗り薬のジェルを塗ります。少しヒリヒリ感(30秒くらい)があるためです。そして薬品を歯茎に塗っていきます。直後に白いかさぶたのようなものができます。

そして1週間くらいすると自然にかさぶたが取れて、ピンクの歯茎に変わります!時間は15分程度で終了します。
5日後には白いかさぶたは取れていました( ^)o(^ )

みなさんも一度、ご自身の歯茎の色をご覧になってみては、いかがでしょうか?

僕の場合、黒ずみが大きいので、1ヶ月後に歯茎ピーリングが完全に治ってから再度歯茎ピーリングをします(^▽^;)


当院は矯正専門医院ですが、矯正以外にホワイトニング、クリーニング、歯茎ピーリング、フェイシャルマッサージのみの治療の方でも大歓迎です。相談は無料ですので、興味のある方は、お気軽に連絡ください(^O^)/

2013.01.24

八重歯の将来

明けましておめでとうございます。
メープル矯正歯科院長の山口です。

すっかりブログの更新をさぼっていました(^_^;)
今日からまた頑張って更新していきます!(笑)

2013年もメープル矯正歯科をよろしくお願いいたします。

先日、北海道大学矯正科の教え子が講習会で東京に来るとのことで、夜、一緒に飲んでました。
そこでいろいろおもしろい(僕ら矯正の人間だけ??)話になりました。

テーマは「八重歯」について。もっとも矯正科医らしいテーマですね(笑)


最近の八重歯ブーム・・・・。正直言うと、好きではありません。矯正科医だからでしょ??まあ、それも多少ありますが、それよりも八重歯を見るとこの人の50年後はいったいどうなっているんだろう?と想像してしまいます。

以前もお話した投稿で、八重歯を含めた歯の凸凹についてお話したかと思います。
歯の凸凹の大きなデメリットは、磨き残しが多く、後々虫歯、歯肉炎、歯周病につながって、最終的には、抜歯せざるを得ないことも考えられます。
「矯正しなくっても、いろいろ補助の歯磨き道具を駆使して頑張れば、大丈夫でしょ??」とお思いの方もおられるかもしれません。

でも老人の八重歯って見たことありますか?

僕は、臨床ずっとやってきて見たことはありません。明確な答えはないですが、おそらくおそらく歯磨きを頑張っていたとしても最終的には八重歯はダメになっていることだと考えられます。そして歯の本数がどんどん減っていき、結局なんらかの被せもの、入れ歯、インプラントなどの歯科治療をしているのが現状だと思います。

10代20代の八重歯・・・・小悪魔的で周囲から可愛いと思われるかもしれません(^_^;)


30代40代の八重歯・・・・まあ、あまり周囲から可愛いと思われないでしょう・・・(・_・;)

ところで、8020(ハチ・マル・二イ・マル)運動って言葉、ご存じですか?
 「8020運動」とは厚生労働省と日本歯科医師会が提唱し、各自治体、各種団体、企業、そして広く国民に呼びかけてきました。「80歳になっても自分の歯を20本以上残しましょう」という運動です。

親知らずを除く28本 の歯のうち、 少なくとも20本以上自分の歯があれば、 ほとんどの食物を噛みくだくことができ、 おいしく食べられるからです。 つまり、 “歳を取っても自分の歯20本以上残しましょう” というのが、その主旨です。つまり自分の歯を多く残すことによりQOL(quality of life、生活の質)の向上につながるわけです。


基本的には、定期的(年一、二回程度でいいと思い ます)に歯医者に通い、口の中に問題がないかをみてもらう予防歯科。虫歯を発見した小さいうちに治療する。つまり虫歯などの問題を早く発見することによ り、削る量は少なくなります。これは20本以上自分の歯を残すことを考えると大変重要です。
より一本でも多く歯を残すことは非常に重要です。歯を抜歯するより、少しでも歯の根っこだけでも残せるのであればそれの方がいいですし、削る量が少なければ少ないほど、歯の寿命は長くなります。インプラント、ブリッジ、義歯・・・無くなかった歯を人工物で補う方法はありますが・・・、でもやはり天然の歯に勝るものはありません!!

我々、歯科医は歯を抜くのが仕事でありません。いかに天然の歯をどれだけ多く残せるかというのが我々に課せられた使命だと思います。その思いは今も変わりません!(^^)!